【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

ZPシリーズ

HITACHI・Wooo(日立・ウー)S-LED搭載 ZPシリーズ

HITACHI・Wooo(日立・ウー)から2010年10月に発売された液晶テレビにS-LED(スリムブロックLEDパネル)搭載のハイエンドモデル『ZPシリーズ』があります。


先日、家電売り場に行った際に画質を確認してみたのですが、輪郭がハッキリしていて色彩も自然な感じ。ZPシリーズは液晶テレビですが特有の短所である残像感も少なく見やすい印象を受けました。


【Wooo(ウー)ZPシリーズの特徴】
S-LED(スリムブロックLEDパネル)搭載
・フルHD(1920×1080)
バックライトスキャニング
・超解像技術採用
・8倍録画、ダブル録画可能
インテリジェントオート高画質2
・画像処理技術『新Picture Master Full HD2』
フォルダ自動整理ワケ録
カセットHDD『iVDR-S』対応
・DLNA対応


注目は『S-LED』。この新しいタイプのLEDバックライトシステムは、直下型とエッジライト型の両方の特徴を持っていてコントラストは素晴らしいものがあります。


他のお客さんが大勢いたのであまりボリュームをあげることができませんでしたが音質も良く、聞き取りやすい感じがしました。


録画機能についても2番組同時録画が可能で、地デジチューナーが3つ搭載されているため録画中でも他の番組を視聴することができます。


ZPシリーズは発売してから間もないのであまり価格の値下がりは期待できませんが、42V型と37V型の液晶テレビを探している方は視聴する価値ありです。

Wooo(ウー)S-LED『スリムブロックLEDパネル』とは?

HITACHI・Wooo(日立・ウー)が2010年10月にS-LED搭載のハイエンドモデルとしてZPシリーズを発売しました。このモデルに『S-LED』という見慣れない言葉が使用されているので簡単にご紹介を。


S-LEDとは『スリムブロックLEDパネル』の略称です。
このパネルは、部分ごとにLEDの光の量をコントロールできるところに特徴があり、従来のパネルよりコントラストを向上させることができます。コントラストとは、画面の最も明るい部分と最も暗い部分の明るさの比のことです。


昨年の夏頃に発売されていたウーの『XP03シリーズ』の液晶テレビでは、IPS液晶パネルが使われており、上下左右どの角度から見ても映像がキレイに見える広い視野角が魅力でしたが、明るい部分に合わせてバックライトを全面を発光させていたため高コントラストが実現できていませんでした。


今回のS-LED(スリムブロックLEDパネル)では、小さなブロックごとにLEDの光を調節できる『エリアコントロール』により、映像の明暗をきめ細かく表現し、コントラストのはっきりした映像を再現することが可能に。


現在は、ZPシリーズのみの搭載ですが、今後発売されるウーのLED液晶テレビではS-LED(スリムブロックLEDパネル)が搭載されてくることが予想されます。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ