【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

YouTube

アンテナ配線なし地上デジタルテレビ

Panasonic・VIERA(ビエラ)にはアンテナ配線なしで地上デジタル放送を楽しむことができるポータブル地上デジタルテレビが販売されています。


画面サイズは10.1V型で、動画共有サイトYouTubeが楽しめるほか、写真のスライドショーも楽しむことができます。


この記事を書いている時点で、ブラビアのカタログに掲載されている主力のポータブル地上デジタルテレビは下の3機種。


■DMP-BV200(レッド、シルバー)
■DMP-HV100(ホワイト、ブラウン、オレンジ)
■DMP-HV50(シルバー)


DMP-BV200はブルーレイディスクプレイヤーが搭載されていて、BD(ブルーレイ)のほかDVDも手軽に楽しむことができます。


全機種ともパナソニックの『お部屋ジャンプリンク』に対応しているので、家庭内LANでDIGA(ディーガ)と接続すれば、録画した番組を視聴することも可能。


基本的にはアンテナで地デジを楽しむとしても、家に一台ポータブルタイプのテレビがあると便利ですよね。

Panasonic・VIERA(ビエラ)TH-50V2がお買い得!

パナソニックのプラズマテレビ、Vシリーズ50V型『TH-50V2』がお買い得価格になっています。TH-50V2は2010年3月にビエラ最高画質モデルとして、発売時は最上位機として店頭に並んでいた機種。


現在のビエラ最高画質モデルである3D対応VTシリーズが発売されてからは、ビエラのカタログでも見かけなくなりましたが、フルブラックパネル搭載で、画質はもちろん音質、エコ性能と完成度が高い一台。特に500万:1のネイティブコントラストを実現した黒の表現力には定評があります。


【TH-P50V2の特徴】
フルブラックパネル
・ネイティブコントラスト比500万:1
・動画解像度1,080本
・ハリウッドカラーリマスター
・バーチャル3Dサウンド
・ダブルチューナー搭載
お部屋ジャンプリンク対応
・エコナビ
・YouTube、アクトビラ・ビデオ・フル対応


昨年の夏頃は価格.comの最安値でも20万円を切らなかった機種ですが、現在は最安値16万円ほどで売られています。最近の薄型テレビのトレンドである3Dや録画機能が不要という方はチェックする価値ありです。


50V型は大きすぎるという印象があるかもしれませんが、このあたりのサイズがフルHDの精細さや、映像の迫力、臨場感などを一番堪能できると思います。


映画を良く見るという方には、液晶テレビよりもプラズマテレビの方が満足できる画質が得られると思うので店頭で比較してみてください。

ブラビアでネット動画を楽しむ

SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)では、HX80R・BX30R・EX30Rなどの一部の機種を除いて〈ブラビア〉ネットチャンネルを楽しむことができます。


ブラビアネットチャンネルとは、液晶テレビをブロードバンドに接続し簡単なリモコン操作をするだけで、ネット動画を楽しむことができる機能です。


視聴することができるのは、『Youtube』『U-NEXT』『アクトビラビデオフル』などのネット動画で有料と無料のものがあります。2010年11月からは、『DMM.TV』も加わり、アニメやアイドル、映画などが視聴できるようになるそうです。


Youtubeあたりは、私もよく視聴しますが、パソコンの起動なしにネット動画を視聴できるのは便利ですよね。しかもテレビの大画面で見れるのはいい。


ブラビアの場合、リモコンに『Felicaポート』が搭載されていて、有料の映画などをテレビで視聴しても、カードやお財布ケータイなどをリモコンにかざすだけで支払いができるので便利です。


ネット動画を視聴できる機能は、他のメーカーの液晶テレビでも採用されていますが、メーカーや機種によって、対応してるコンテンツが違うので注意しましょう。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ