【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

VIERA

VIERA(ビエラ)V2シリーズ生産終了 品薄

Panasonic・VIERA(ビエラ)で人気のプラズマテレビV2シリーズの生産が終了し、品薄の状態となっています。値下がりを待っていた方は、在庫が切れる前に購入の判断をしましょう。


V2シリーズは、2010年3月に発売された当時のビエラ最高画質モデル。


省エネ性能と高画質を両立させたフルブラックパネルが搭載されていて、ネイティブコントラスト500万:1を実現。黒の表現力が液晶テレビでは真似できないほど素晴らしいプラズマテレビです。


画面サイズは50V型(TH-P50V2)、46V型(TH-P46V2)、42V型(TH-P42V2)。
50V型あたりは、価格.comの最安値で15万円台で入手可能です。


機能や性能を考えるとかなりのお買い得価格。
このくらいの画面サイズになると、映像の迫力や臨場感が十分に味わえるので、映画好きの方にはおすすめ。


量販店などでは品薄ですでに置いていない可能性が高いです。
購入したい方はネットショップを利用して激安価格でV2シリーズをゲットしましょう。

VIERA(ビエラ)TH-L19C21の価格比較

以前書いた記事で『VIERA(ビエラ)TH-L19C21』の特徴についてご紹介しましたが、今回はTH-L19C21の価格比較です。


価格.comで最安値を調べたところ、現在の最安値は2万5千円を少し切るぐらいでした。
上位の店舗30件くらいが3万以下で販売しているので、ネット通販で購入するなら、そのくらいの価格を目安に信用できる店舗で購入した方がいいでしょう。


ちなみに、テレビショッピングで有名な『ジャパネットたかた』でも、この記事を書いている時点で販売していました。


価格は最安値と比較すると少し高め。
でもジャパネットたかたの場合は、『分割金利・手数料はジャパネットが負担』という強い武器があるので、人によってはお得な買い物ができます。それに大手なので安心。


また、価格.comを利用したことがある方はご存知だと思いますが、価格.comの最安値第1位を獲得している店舗は『売り切れ』という場合が良くある。


昨年の11月あたりのTH-L19C21の最安値が3万5千円ほど。
パナソニックのビエラは2011年2月~3月にかけてかなりの数の新製品を販売する予定なので、型落ちとなるTH-L19C21の底値は近いかも。

VIERA(ビエラ)TH-L19C21の便利な機能

Panasonic・VIERA(ビエラ)に2010年10月に発売された『TH-L19C21』という機種があります。なぜかビエラのカタログでも目立たない感じで掲載されていますが、シンプルな感じが結構好きなのでご紹介します。


TH-L19C21は、エコ性能とリンク機能を充実させたシンプルなパーソナルモデル。
バックライトにはLEDを採用しています。(LEDエッジ型LEDバックライト)


3Dや録画機能など目立つ機能はないですが、映像シーンに合わせて画質を自動的に調整してくれる『コントラストAI』や、設置場所の明るさに合わせて画質を自動的に調整してくれる『オートモード』などが搭載されていてなかなかの画質です。


部屋の明るさや映像信号の有無に応じてビエラが自動的に節電してくれる『エコナビ』という省エネ機能も搭載させているので無駄な電気代を抑えることも可能。


アクトビラ・ビデオ・フルにも対応しているので、24時間ビデオレンタル感覚で映画やドラマを好きな時に楽しむことができるのも便利ですよね。


価格的にもお手頃なので、1人暮らしや寝室に置く液晶テレビを探している方にはおすすめです。ちなみに別売りになりますが壁掛け金具も販売されています。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ