【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

USBハードディスク

見やすい電子番組表(EPG)

録画機能をメインに薄型テレビを探すなら、電子番組表(EPG)の見やすさも重要なポイントになります。


BD(ブルーレイ)や内蔵HDD、外付けUSBハードディスク録画などの機能や性能の比較はもちろん重要ですが、各メーカーによる電子番組表の比較も忘れてはいけません。続きを読む

【2011年2月新製品】Panasonic・VIERA(ビエラ)G3シリーズ

2011年2月中旬にPanasonic・VIERA(ビエラ)から、省エネと高画質録画に対応した新製品の液晶テレビG3シリーズ『TH-L42G3』が発売されます。


発売される画面サイズは42V型のみ。
録画対応モデルということで、USBハードディスク録画やSDメモリーカード録画に対応。


【TH-L42G3の特徴】
・LEDバックライト
・IPSαパネル
フルハイビジョンWスピード
・動画解像度900本
・ダイナミックコントラスト200万:1
・SDメモリーカード録画対応
・USBハードディスク録画対応
・省エネNO.1
・エコナビ
・お部屋ジャンプリンク対応
・アクトビラ・ビデオ・フル対応


内蔵ハードディスクは搭載されていないようです。
USBハードディスクやSDメモリーカードは別売りで、購入すればリモコンひとつで簡単に番組録画を楽しむことができます。


パナソニックの場合『お部屋ジャンプリンク』という、AVコンテンツをどの部屋でも視聴すうことができるリンク機能を提案しているので、DIGA(ディーガ)と組み合わせた方が便利かもしれませんね。


パナソニックの液晶テレビはIPSパネルを採用しています。
IPSパネルは視野角に強いという特徴があるのでリビングに置くには最適です。

TOSHIBA・REGZA(レグザ)外付けHDD録画

TOSHIBA・REGZA(東芝・レグザ)の液晶テレビには外付けHDD録画の機能がほぼ全ての機種に搭載されています。最近では他のテレビメーカーも採用している録画機能なので、液晶テレビを選ぶ際は覚えておきたいところ。


東芝の外付けHDD録画は、別売りのUSBハードディスクを用意してレグザに接続すれば手軽に録画ができるというものです。


レグザには内蔵HDDの液晶テレビもありますが、録画番組をジャンルごとに分類して保存したいという方には外付けHDDの方が便利。


外付けHDDはパソコン向けに発売されているUSBハードディスクを使用することもできます。どれを購入してよいか分からないという方は、レグザ純正USBハードディスク『THD-50A1』がおすすめ。シンプル、コンパクトなのでテレビまわりがすっきりします。


THD-50A1は容量が500GBあり最大4台、ハブを使用すれば最大8台まで接続可能で、レグザへの登録は最大8台まで可能。


レコーダーのように編集機能はないですが、見たい番組を録画してそのまま保存したり見終わったら消すという方には不便はないと思います。


ちなみに『地デジ見ながらW録』にも対応しているので、地上デジタル3チューナー搭載の機種を選べば2番組同時録画にも外付けHDDを使用することができます。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ