TOSHIBA・REGZA (東芝・レグザ)の液晶テレビでは、USBハードディスクをケーブル一本で接続することにより地上デジタル放送を長時間録画する仕組みをとっています。


このUSBハードディスクはレグザの純正のもので「THD-50A1」といいます。
500GBの大容量で地上デジタル放送を焼く53時間も録画が可能。
サイズはコンパクトで幅8.2mm、奥行き13.2mm、高さ2.0mm。


USBハブを使用すれば最大で4台までレグザと同時接続ができるので使い勝手も良さそうです。


レグザへの登録は最大8台までできるので、家庭でひとり1台USBハードディスクを購入して、番組を録画するようにすれば管理や整理が格段に楽になります。


内蔵ハードディスクだけだと保存場所が一箇所になるので、すぐにゴチャゴチャになりそうですからね。


このUSBハードディスク「THD-50A1」は、コンセントも不要のケーブル一本接続なのでテレビ台あたりにスッキリ収納できるのも良いですよね。