【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

REAL

REAL(リアル)オートターンとは?

MITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)の液晶テレビには、最新の機種ほとんどにオートターンという機能が搭載さえています。(MXシリーズの型番の最後がMX40となっている機種やLBシリーズには搭載されていません)


オートターンとは、リモコン操作ひとつでテレビ画面の角度を、見やすい方向に変えることができるというものです。


テレビの映像は画面正面から視聴した方が奥行きや臨場感を一番楽しめます。特に3Dテレビは、3D映像の効果が関係してくるので、テレビ画面と人の視線を直角に交わらす環境が不可欠。せっかく3Dテレビを購入しても、3D映像の効果が感じられない角度での視聴じゃ意味がなくなってしまいますからね。


オートターンの機能は、最大でテレビ画面を左右に20度傾けることができます。
家具の配置によってテレビ正面からの位置が確保できない場合でも、角度を傾けることによって3D映像の効果を十分に引き出せる視聴角度に動かすことが可能。


家電販売店で3Dテレビを視聴する場合、ほとんどの店舗が3Dメガネを固定しているので、視聴角度については見逃しがちですが、映像の見え方が違ってくるので注意を。

【3D対応録画テレビ】REAL(リアル)MDR1シリーズ

2010年10月に発売されたMITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)のMDR1シリーズをご紹介したいと思います。特徴はブルーレイとハードディスクの両方を内蔵しつつ、3D映像を楽しむことができるということ。


『録画テレビ』と宣伝しているだけあって、ハードディスクの容量は1TB(1,000GB)もあります。『10倍録り』の機能を使うとフルハイビジョンで約900時間の録画が可能なんだとか。


録画した番組はついついたまってしまうもの…。
これだけ容量があるなら容量不足で録画ができないなんてことは無さそうですね。


MDR1はその他の機能も充実しています。
フルHDはあたりまえとして、通常のテレビ放送の1秒間に60コマで流れる映像を、4倍の240コマにする『4倍速ピクチャー』や、その倍速技術に合わせて開発された『新ダイアモンドパネル』など三菱の最新技術が集結。


サイズは40・46・55V型の3機種。発売してからあまり時間が経っていないので、値下がりは期待できませんが、これだけの機能が搭載されているのは魅力かも。店頭に行った際には見てみてください。

【3Dテレビ】REAL(リアル)4倍速ピクチャーとは?

MITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)が発売した3D対応録画テレビMDR1シリーズでは『4倍速ピクチャー』という技術が採用されています。


4倍速ピクチャーとは、テレビ放送の1秒間に60コマで流れる映像を、前後のコマを解析して補正フレームを挿入することにより4倍の240コマで映像を表示するというもの。


細かい構造や仕組みは違うのかもしれませんが、SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)が世界初として宣伝していた『4倍速液晶』と基本的には同じ技術と考えて良さそうです。


映像を4倍速で表示することで、動きの早い映像もなめらかに違和感なく視聴でき、液晶テレビ特有の短所である残像感もほとんど感じられなくなります。


REAL(リアル)の3Dテレビでは、この4倍速ピクチャーに対応させるために、従来の液晶テレビで採用していた『DIAMOND Panel(ダイアモンドパネル)』を改良し、LEDバックライトで4倍速駆動に対応した『新DIAMOND Panel(新ダイアモンドパネル)』を発表。


ちなみに、このパネルは表面の凹凸をなくし、外光を低反射させる光沢(グレア)処理という技術を採用しており、これにより内部からの光(映像)が表面で拡散されずにストレートに通り抜け、外交反射なしで色再現範囲を広げた高精細映像が再現できます。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ