【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

LV3

SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)クアトロンとは?

液晶テレビAQUOS(アクオス)を生産しているシャープが、テレビ50年目の革命としてアピールしている『クアトロン』とは、テレビのカラーを『赤・緑・青・黄』の4原色で表示する技術のことです。


従来のカラーテレビは、『赤・緑・青』の3原色での表示でした。
クアトロンはこれに『黄』を加えたことで、今までのカラーテレビが再現できなかった色が表現できるようになります。特に映像の黄色や金色は、従来よりも自然で鮮やかな色に。


ちなみにクアトロンとはイタリア語の『クアトロ』と『エレクトロン』を組み合わせた造語で、クアトロが数字の『4』を意味し、エレクトロンが『電子』という意味があるそうです。


現在、このクアトロンを採用している機種は下記の3機種。
■AQUOSクアトロン3D:LV3シリーズ
■AQUOSクアトロン:LX3シリーズ、XF3シリーズ


LV3シリーズは、クアトロンと3D技術を組み合わせたことにより、より明るく見やすい3D映像を再現。LX3シリーズとXF3シリーズは、LEDバックライトとUV2A技術にクアトロンを組み合わせたことにより省エネ性能と高画質を再現しています。


『UV2A(ユーブイツーエー)技術』とは、パネルに使われている技術で、過去に簡単に説明した記事があるのでこちらをどうぞ。
次世代液晶パネルとは?


クアトロン(4原色パネル×回路テクノロジー)はシャープだけが持つ技術なので、家電販売店で他のメーカーの液晶テレビと見比べてみてください。

【3Dテレビ】各メーカーのラインナップ

2010年のはじめにパナソニックが3D対応テレビを発表・発売して以降、ソニー、シャープと続き、3Dテレビを購入する際の選択肢が増えてきましたよね。


現在、発売されている3Dテレビを簡単にまとめてみました。

■Panasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)
・VT2シリーズ(42・46・50・54・58・65V型)

■SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)
・LX900シリーズ(40・46・52・60V型)
・HX900シリーズ(46・52V型)
・HX800シリーズ(40・46V型)

■SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)
・LV3シリーズ(40・46・52・60V型)


メーカーによって3Dに関する機能の名称は違いますが、基本的には似た技術が使われているようです。上記の機種のなかには、通常のDVDやブルーレイなどの映像を3Dに変換できる『擬似3D』なんて機能もあります。


個人的には、まだまだLED液晶テレビの方がお買得感があるような気がしますが、映画やゲームなどの3Dに対応したコンテンツも続々と登場していますし、3Dテレビが主流となる時代も遠くないかもしれませんね。


3Dを体験したことのない方は、体験できるイベントが各地で開かれているので参加してみてください。液晶テレビやプラズマテレビを購入後に3Dテレビの方が良かったなんて後悔しないために。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ