【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

LEDレグザ

東芝・REGZA(レグザ)地デジチューナー3基搭載機種

前の記事で地デジチューナーが3基以上搭載された機種が便利という話をしましたので、具体的な機種を東芝・REGZA(レグザ)からご紹介したいと思います。


レグザには、最大8チャンネル分の地デジ番組を24時間以上保存できる2TB内蔵のタイムシフトマシン2を搭載したCELLレグザ『X2』とCELLレグザSLIM『XE2』がありますが、この2つの機種は特別なので今回は省略。続きを読む

【東芝・レグザ】ハイスピードクリア4倍速とは?

2010年冬に発売されるTOSHIBA・REGZA(東芝・レグザ)の3Dテレビでは、高画質機能として『ハイスピードクリア4倍速』という機能が採用されています。


この技術は、通常1秒間に60コマで表示されるテレビ放送の映像を4倍の240コマで表示する技術で、コマ数が増えた分だけ液晶テレビ特有の短所である残像感を低減させます。(残像感とは、スポーツや映画などの動きの早い映像を見たときに目に残るボヤケのことで、動き早い映像ほど残像感が残る)


また、4倍速は映像をなめらかにする効果もあるので、スポーツ観戦などストレスなく視聴を楽しむことができます。パラパラ漫画を1秒間に60枚見るのと、240枚見るのでは動きが全然違いますよね?液晶テレビも同じような理由で、映像が全然違います。


ソニーのブラビアや三菱のリアルなどの液晶テレビでも4倍速の技術が採用されていますが、東芝のハイスピードクリア4倍速では『ワイドエリア補間』という東芝独自の半導体技術で従来の約30倍の動き検出範囲を実現しており、映像が高速で動いても見失うことなくクリアな映像が視聴できます。


現在は新製品である3Dに対応したセルレグザ『X2/XE2』と、LEDレグザ『ZG1』『F1』シリーズで採用されています。X2シリーズは『Wスキャンハイスピードクリア4倍速』を採用していてバックライトを点滅させることでさらに残像感を低減。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ