【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

KDL-32EX710

32V型液晶テレビ売れ筋ランキング第3位:SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)KDL-32EX710

先日、久しぶりに近所の大手家電販売店に行ってきました。顔見知りの店員さんから液晶テレビ32V型と40V型のその店舗の売れ筋ランキング1位から3位までをそれぞれ聞いてきたので何回かに分けてご紹介します。


まずは32V型の液晶テレビ売れ筋ランキング第3位のご紹介です。
第3位:SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)EX710シリーズ『KDL-32EX710』


【ブラビアKDL-32EX710の特徴】
・フルHD(水平1,920×垂直1,080)
・バックライト:エッジ型LED
・倍速液晶(モーションフロー120Hz)
人感センサー搭載
・主電源スイッチ搭載
・おまかせ画質センサー搭載
・ブラビアリンク対応シンプルリモコン
ブラビアネットチャンネル対応


この液晶テレビは2010年10月に発売されたモデルで上記のような特徴があります。この中でも特に注目するのはLEDバックライトと人感センサーを搭載し省エネと省スペースを実現したというところでしょうか。


人感センサーあたりはなかなか好評の機能です。
ソニーが初めて人感センサー搭載機種を発売した頃より人感センサー自体もさりげなく進化してます。


ソニーの場合、デザイン性が優れているのも人気の秘密かもしれませんね。
ブラビアEX710シリーズは『狭額フレームデザイン』が採用されていて、名前の通り額縁のようなスリムなデザインでどのタイプの部屋にも合う感じがします。


EX710シリーズはブラビアのスタンダードモデルで価格的にもお手頃なので、32V型の液晶テレビを探している方は候補に入れてみては?

SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)EX710シリーズ

2010年10月にSONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)からスタンダードモデル新商品として『EX710シリーズ』が発売されます。


EX710シリーズとして発売されるのは40V型(KDL-40EX710)と32V型(KDL-32EX710)の2機種で、どちらのサイズの昨年あたりから需要の高いサイズです。


主な特徴としては、『LEDバックライト』と『人感センサー』を搭載し、省エネと省スペースの両方を両立させたモデルということ。人感センサーあたりは、現在発売されているモデルにも搭載されていますが、なかなか好評な機能なんですよね。


スタンダードモデルということで、倍速液晶(モーションフロー120Hz)やブラビアネットチャンネルなどの基本的な機能は搭載されている様子。


省エネと並んでアピールポイントのひとつである『省スペース』は、LEDバックライトをエッジにのみに配置して、さらにフレームラインを採用したコンパクトな外見。従来の商品より約12%もスリム化に成功したそうです。


価格についてはまだ調べていませんが、今年に発売されたEX700シリーズと機能面での大差がないことから、同じくらいの価格帯が予想されます。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ