【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

KDL-26EX420

【新製品】SONY・BRAVIA(ブラビア)EX420とCX400の違い

SONY・BRAVIA(ブラビア)の新製品が2011年2月20日と3月6日に登場します。
その日に発売されるのは2つのシリーズから計3機種。


EX420シリーズ:26V型(KDL-26EX420)3月6日
EX420シリーズ:22V型(KDL-22EX420)3月6日
CX400シリーズ:22V型(KDL-22CX400)2月20日


今回は違うシリーズの同じ画面サイズの液晶テレビが、近い時期に発売されるのでEX420シリーズとCX400シリーズの違いについてご紹介します。


■EX420シリーズ
バックライト:LED
リモコン:Felica(フェリカ)ポート搭載おき楽リモコン
カラーバリエーション:ブラック、ホワイト、ブラウン、ピンク(22V型のみ)

■CX400シリーズ
バックライト:蛍光管
リモコン:シンプルリモコン
カラーバリエーション:ブラックのみ


デザイン以外の主な違いは上記の通りです。
CX400シリーズは、EX420シリーズのバックライトをLEDから蛍光管に置き換えたような液晶テレビといった感じですね。


共通する主な機能としては、
X-Reality(エックスリアリティ)
人感センサー搭載
・外付けハードディスク録画対応
Track ID
・ブラビアネットチャンネル対応
・ソニールームリンク


どちらも超解像技術を採用した高画質回路『X-Reality(エックスリアリティ)』が搭載されていて、スタンダードモデルながら画質は良さそう。


予約販売している店舗の価格を見るとEX420の方がCX400より、1万円程度高いといった感じです。どちらを購入するか悩んでいる方は画質と機能の違いに1万円の価値があるかないかで判断することになりそうです。

【新製品情報】SONY・BRAVIA(ブラビア)EX420シリーズ

SONY・BRAVIA(ブラビア)から新製品『EX420シリーズ』が発売されます。
2011年3月13日に32V型(KDL-32EX420)、3月6日に26V型(KDL-26EX420)と22V型(KDL-22EX420)が登場します。


EX420シリーズはバックライトにエッジ型LEDを採用。
ブラック、ブラウン、ホワイトとカラーバリエーションが豊富な地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビです。22V型のみピンクもあります。


【EX420の特徴】
X-Reality(エックスリアリティ)搭載
・エッジ型LEDバックライトパネル
・アドバンスト・コントラストエンハンサー
・人感センサー搭載
・S-Force フロントサウンド
・フルレンジスピーカーシステム
・ブラビアネットチャンネル対応
・外付けUSBハードディスク録画対応


EX420シリーズは、ソニー独自の超解像技術採用の高画質回路『X-Reality(エックスリアリティ)』や『エッジ型LEDバックライト』で画質を向上させつつ、テレビ本体のデザイン性を高めた機種。


部屋の雰囲気に合わせてカラーを選べる他、イーゼルスタンドを採用し液晶テレビをインテリアのひとつとして置くことができます。


イーゼルスタンドとは『一枚の絵画のように映像を飾る』という新しいテレビスタンドのデザインで、これまでのブラビアのテレビスタンドの中で一番スッキリしてます。


デザイン性を重視して液晶テレビを探している方は『EX420シリーズ』を候補のひとつに入れてもいいかも。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ