【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

EX720

SONY・BRAVIA(ブラビア)USBハードディスク録画対応モデル

少し前までTOSHIBA・REGZA(レグザ)でしか対応していなかったUSBハードディスク録画の機能も最近では他社が追随し標準的な機能になってきています。


USBハードディスク録画とは、別売りの外付けハードディスクをテレビに接続するだけで手軽に番組録画ができる機能です。今回はSONY・BRAVIA(ブラビア)のUSBハードディスク録画対応機種についてご紹介します。続きを読む

【2011年3月新発売】BRAVIA(ブラビア)EX720シリーズ

SONY・BRAVIA(ブラビア)より2011年3月にEX720シリーズが発売されます。
今回の新製品はブラビアのスタンダードモデルに3D機能を搭載させた液晶テレビ。


32V型から3Dに対応しています。
上位機種のように4倍速ではないですが、倍速駆動とバックライト制御の技術を組み合わせることにより、4倍速と同じくらいの表示能力を実現させています。


【EX720シリーズの特徴】
・3D対応
・フルHD
・モーションフローXR240
・LEDバックライト
・人感センサー
・X-Reality
・ブラビアネットチャンネル対応
・Track ID
・外付けハードディスク録画
・狭額フレームデザイン

【画面サイズ】
・60V型(KDL-60EX720)
・55V型(KDL-55EX720)
・46V型(KDL-46EX720)
・40V型(KDL-40EX720)
・32V型(KDL-32EX720)


新開発の高画質回路『X-Reality(エックスリアリティー)』によって、従来より全体的に画質を向上。また、テレビやCMのうしろで流れている曲をリモコンボタンを押すだけで曲名などを検索できる『Track ID(トラックアイディー)』や、ブラビアネットチャンネルに対応させることでネット機能も向上させています。


USBハードディスク録画にも対応しているで使い勝手が広がります。
残念なのはチューナーを一基しか搭載させていないそうです。スタンダードモデルということでコスト的に仕方がないのかもしれませんが、これでは録画中に他の番組を視聴することができない。


ちなみにEX720シリーズの発売日は60V型(KDL-60EX720)のみ4月17日、他の画面サイズは3月13日の発売予定です。

BRAVIA(ブラビア) X-Reality(エックスリアリティ)とは?

SONY・BRAVIA(ブラビア)の新製品には『X-Reality(エックスリアリティ)』という技術が採用されています。


X-Realityとは、ソニーが独自に開発した超解像技術搭載の高画質回路のことで、下記の5つの技術により、液晶テレビに映し出される全ての映像を美しく表現できるという効果があります。


■オブジェクト型 超解像技術
映像を分析し輪郭や色成分、模様などを強調する技術。
これにより被写体の鮮鋭感や質感、色鮮やかさが増します。

■ノイズリダクション
デジタル放送などで現れる特有のノイズを低減する技術。
動きの激しいシーンなどで起こりやすい『ブロックノイズ』や、文字の輪郭、色の変化の激しい部分で起こる『モスキートノイズ』などを低減させ映像本来の輪郭や質感を再現。

■平坦部エリア検出
明るさの変化の少ない部分(平坦部)を検出しノイズの強調を抑制する技術。
青空などノイズの出やすい部分の映像が見やすくなります。

■色再現技術
白飛びしやすい人間の肌などを質感のある自然な色合いに再現する技術。

■IP変換スケーリング
アニメを再生したときに良く見る輪郭のギザギザをIP変換処理する技術。
精細なアニメ映像を視聴することができます。


※2011年の2月発売の『CX400』や『EX420』、3月発売の『EX720』や『EX72S』などのブラビアの新製品は『X-Reality(エックスリアリティ)』搭載機種です。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ