【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

EX30R

SONY・BRAVIA(ブラビア)BDXL対応機種

BD(ブルーレイ)の長時間録画規格として、BDXLが注目されていますが、SONY・BRAVIA(ブラビア)では、HX80RシリーズとEX30RシリーズがBDXLに対応しています。


従来のBDの容量は50GBが最大でしたが、BDXLではBD-Rディスク(100GB)が使えるので、高画質を保ったまま長時間の録画が可能となります。


新しいメディアということで価格は割高ですが、専門家が認めるほど革命的なディスクメディアで、いつかはBDXLに対応している薄型テレビが主流となる時代が来そうです。続きを読む

ブラビアの『x-おまかせ・まる録』は便利!

BRAVIA(ブラビア)のHX80RやEX30Rシリーズでは、ソニーの単体レコーダーの全機種で採用されている『x-おまかせ・まる録』という機能が備わっています。


この機能の有無で薄型テレビを選ぶ方は少ないと思いますが、かなり便利な機能なのでおすすめです。続きを読む

SONY・BRAVIA(ブラビア)ブルーレイ一体型 EX30R

SONY・BRAVIA(ブラビア)の液晶テレビでブルーレイ一体型といったらHX80Rシリーズが人気ですが、プライベートサイズとして発売されているEX30Rシリーズも忘れてはいけません。


録画&4倍速3D対応モデルのHX80Rと比較すると、機能や性能など劣っている部分はあるものの、ハードディスク500GBを内蔵していて約469時間(ERモード)の録画が可能。


ブルーレイディスクレコーダーが内蔵されているので、ブルーレイディスクはもちろん、DVDや音楽CDも手軽に楽しむことができます。


HR80Rと違い3Dに対応していない。また、バックライトもLEDではなく蛍光管ですが、その分価格に反映されているので、3D機能は不要、EX30Rの画質を確認してみて悪くないと感じるなら、EX30Rの方がお得かもしれません。


画面サイズは32V型(KDL-32EX30R)、26V型(KDL-26EX30R)の2機種。


2010年の11月に発売されたモデルですが、26V型あたりは価格.COMでも8万円を切っています。購入を考えている方は、在庫切れに気をつけて底値を狙いましょう。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ