【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

CELLレグザ

セルレグザX2とXE2シリーズの違い

東芝のセルレグザには同じ時期に発売されたモデルにX2シリーズとXE2シリーズがあります。発売日は2010年10月。2つモデルの大きな違いを簡単に書いてみます。


■X2シリーズ
・画面サイズ:55V型(55X2)
・4倍速メガLEDパネル(フルHDクリアパネル)
・直下型LED
・Wスキャンハイスピードクリア4倍速
・CELLレグザパワーオーディオシステム

■XE2シリーズ
・画面サイズ:55V型(55XE2)、46V型(46XE2)
・4倍速LEDパネル(フルHDクリアパネル)
・エッジライト型LED
・ハイスピードクリア4倍速
・CELLレグザオーディオシステム2


映像処理エンジンはともに『CELLレグザエンジン』で、地上デジタル8チャンネル分を録画する『タイムシフトマシン2』も搭載されてますが、上記の違いで価格差が40万円ほどあります。


画質や録画機能を最高のものにしたいという方はX2シリーズがおすすめですが、値段が高すぎるという方はXE2シリーズでも録画機能は充実してますし、X2以外の液晶テレビと比較する分には最高のモデルです。


個人的にX2シリーズは、現在発売されている各メーカーの液晶テレビやプラズマテレビの全機種の中で機能、性能が飛び抜けて優れている薄型テレビだと思うので家電販売店に行った際には視聴してみてください。

CELL REGZA(セルレグザ)X2シリーズ

TOSHIBA・REGZA(東芝・レグザ)から2010年10月に発売されたCELL REGZA(セルレグザ)X2シリーズも70万円台で販売する店舗がでてきました。インターネットは商品の価格比較が簡単にできる&最安値を競ってくれるからいいですよね。


セルレグザX2シリーズは3D対応のLED液晶テレビで、昨年発売されて話題になったX1シリーズより機能や性能が充実しているモデルです。


高画質や高性能を実現するために開発された『CELLレグザ3D高画質化システム』や『タイムシフトマシン2』などの機能を搭載。また、それらを制御するため映像処理エンジンには『CELLレグザエンジン』が使われています。


CELLレグザエンジンに搭載されているプロセッサは演算処理能力が高く、世界最高峰のスーパーコンピュータにも使われるほどのもの。


映像処理エンジンは、画質だけでなく音質や操作性にもかかわってくる重要な部分です。レグザの液晶テレビのなかでもCELLレグザエンジンが搭載されているのは、このX2シリーズとXE2シリーズだけ。


他の液晶テレビと比較するとかなり高価な感じがしますが、その分機能や性能は素晴らしいものがあります。金額ではなく画質や性能、操作性にとことんごだわりたいという方にはおすすめの液晶テレビです。

【地デジタル対応テレビ】チャンネルの切り替えが遅い

地上デジタル放送対応のテレビを購入された方はご存知だと思いますが、アナログ放送の時と比べてチャンネルの切り替え速度が遅くなったと思います。


昨年あたり地デジ対応テレビを購入したという方は、切り替わりの遅さにストレスを感じているのではないでしょうか?2009年に発売された液晶テレビで、この問題を大幅に改善していたのは東芝のCELLレグザだけだったと思いますので…。


ボタンを押してからチャンネルが切り替わるまでのタイムラグは、デジタル放送を見るなら仕方がないみたいですね。最近ではだいぶ改善されてきているそうですが完全とまではいかないらしい…。


液晶テレビを購入する際は、ある程度納得して購入をした方が後々後悔しないで済みますのでチャンネルの切り替え速度を必ず確認しましょう!
メーカーや機種によって違いがあります。


特に中古の液晶テレビを購入する予定の方は、価格だけで判断しないで色々と機能や性能を調べてから購入を判断した方がいいですよ。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ