【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

8倍録画

HITACHI・Wooo(ウー)TSX8モードとは?

HITACHI・Wooo(ウー)の録画テレビでは、『TSX8モード』という録画機能が採用されています。


TSX8モードとは、ハイビジョン放送を8倍長く録画することができる機能で、WoooのZPシリーズやXPシリーズなどハートディスクを内蔵している液晶テレビやプラズマテレビで採用されています。


具体的な録画時間は、内蔵ハードディスク320GBのXP05の場合で約256時間、内蔵ハードディスク500GBのZP05の場合で400時間、ハイビジョン放送を録ることができます。


注意する点としては、ZP05やXP05ではアナログ放送の録画ができないということと、ダブル録画には対応していないということ。


ダブル録画とは、東芝・REGZA(レグザ)の『地デジみながらW録』と同じような機能。
地デジチューナーを3つ搭載させているので、時間帯の重なった2番組を同時に録画しながら録画中も他の番組を視聴することができるというものです。


日立の録画機能搭載の液晶やプラズマは、録画テレビとしての完成度が高いと定評があるので、録画テレビの選び方が分からないという方は、Woooの機能を参考にしてみるといいかも。

【プラズマテレビ】Wooo(ウー)XPシリーズがお買い得!

2010年4月に発売されたHITACHI・Wooo(日立・ウー)のHDDレコーダー内臓モデル『XPシリーズ(XP05)』がお買得価格に。XPシリーズは液晶テレビとプラズマテレビの両方が発売されていますが、今回ご紹介するのはプラズマテレビの方です。


発売当初、30万円前後で店頭に並んでた50V型(P50-XP05)がどんどん値下がりし、最近では14万円台です。昨年11月に調べたときは最安値が18万円くらいでしたから1ヶ月で1万円以上安くなってます。


画面サイズは他に、46V型(P46-XP05)と40V型(P42-XP05)がありますが、どちらも同じような感じで値下がりしています。


【XPシリーズの特徴】
・フルHDダイナミック・ブラックパネル2
・コントラスト『5,000,000:1』
インテリジェントオート高画質2
・新Picture Master Full HD2
・ダブル録画、8倍録画
フォルダ自動整理ワケ録
カセットHDD『iVDR-S』対応
・DLNA対応


XPシリーズは、超解像技術採用のハイスペックモデル。
『ピクセルマネージャー』という高画質を再現できる技術が採用されていて、解像度復元や精細度回復の処理により鮮明な映像を楽しむことができます。


内蔵HDDは320GB。ダブル録画機能や8倍録画などの録画機能が充実しているので、テレビ番組をよく録画するという方にはおすすめです。また、プラズマテレビは残像感がなくコントラストが高いので映画鑑賞が趣味の方にもおすすめ。人気のある機種なので店頭で見かけた際には映像を確認してみてください。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ