【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

46V型

【新製品】LED AQUOS(アクオス)F5ライン 52V型・46V型発売

2012年2月にシャープからLED AQUOS(アクオス)F5ラインの52V型(LC-52F5)と46V型(LC-46F5)が発売されました。この液晶テレビは軽量・薄型でワイヤレス接続が可能な機種なのでデザイン性を重視している方におすすめです。


アクオスのF5ラインは、画面サイズによって発売日に違いがあります。60V型は2010年10月。40V型と32V型は2011年9月。20V型は2011年10月に発売されています。発売する画面サイズを増やすところを見ると売れ行きが順調なのかもしれませんね。続きを読む

AQUOSクアトロン3D L5シリーズ(高画質・高音質プレミアムモデル)

液晶テレビAQUOS(アクオス)は、種類も画面サイズも豊富に販売されていますが、2011年8月に発売されたクアトロン3D・L5シリーズはなかなか好評のようです。このL5シリーズは、高画質と高音質にこだわったプレミアモデルの液晶テレビです。


バックライトに直下型LEDを採用し、アクオス最高峰のX5シリーズと同じように、高速応答液晶パネル『ハイスピードUV2A』&『240フレッドスキャン』搭載で高画質。音質も新DuoBassを含むARSSスピーカーシステムを搭載しています。続きを読む

【アクオス】ブルーレイ内蔵・液晶テレビ

少し前に2010年11月発売のSHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)LB3シリーズについて書きましたがもう少し詳しく。LB3シリーズは3D対応で、バックライトにはLEDが採用されている液晶テレビです。


BD(ブルーレイレコーダー)は内蔵されていますが、HDD(ハードディスク)は内蔵されていないようです。どうせなら内蔵して欲しかったような気もしますが、2010年10月にアクオス史上初めてハードディスク500GBが搭載され話題となったDR3シリーズがあるので、HDDとBDの両方が必要な方はこっちのシリーズをということですかね。


それにしても、SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)Panasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)MITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)が、2010年の秋冬モデルとして3D対応のブルーレイ&ハードディスクの両方を内蔵した薄型テレビを発売しているなかアクオスがHDDを内蔵させていなかったのは意外ですね。レグザのように外付けHDDになるかな?


発売された画面サイズは46・52V型の2機種。個人的には32V型か大きくても40V型もあれば十分なので購入予定はないですが、シャープのアクオスでは4原色革命『クアトロン』によって他社の液晶テレビとの差別化をはかっているので、家電販売店に行ったらアクオスの色表現は注目です。


最近、色々な機能を搭載した一体型の薄型テレビが流行ってますが、使い勝手がいいぶん故障した時が少々面倒な感じがしますね。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ