【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

3D映像

Panasonic・VIERA(ビエラ)の3Dリンク

3Dテレビが発売されたのが昨年だというのに、3Dに関する技術はすごい勢いで進化していますよね。Panasonic(パナソニック)のビエラリンクでは、世界初の3D対応ムービーにつづき、3D対応のLUMIX(ルミックス)も登場したことで、3Dリンクの幅がどんどん広がってきています。


薄型テレビに3D VIERA(ビエラ)を選んだのなら、他のブルーレイやデジタルカメラなどもビエラの3Dリンク対応のものを揃えたいところですね。


ちなみに『ビエラリンク』とは、パンソニックのAV機器などに搭載されている、機器を互いに連携させる機能で、HDMIの技術が使われています。


『ビエラにリンク』で検索すると色々と活用術などが調べられると思いますが、3D対応のムービーでは、これまで不可能だった3D映像を撮影して保存することができます。子供の運動会などの映像が臨場感ある立体映像で残せ3Dで視聴できる。


3D対応のルミックスでは、専用の交換レンズをカメラに装着するだけで、立体感のある写真を撮ることが可能。ビエラとリンクできるので楽しみ方が広がります。


最近の薄型テレビは各社とも独自のリンク機能が搭載されているので、周辺機器の機能や性能を知っておくことも重要です。選び方が変わりますからね。家電製品はいつかは必ず壊れるので、今購入する予定のない機器でもリンク機能が使えるなら調べておくと後々便利です。

SHARP・AQUOS(アクオス)の3Dメガネ『AN-3DG10』

SHARP・AQUOS(アクオス)の3Dメガネ『AN-3DG10』は、他のメーカーの3Dメガネと違い映像を3Dから2Dに変換させる機能が搭載されています。


この『3D→2D変換』機能は、3Dメガネについているボタンを押すだけで、3D映像を視聴している最中でも2D映像に切り換えて見ることができるというもの。業界初としてシャープが開発した機能です。


なんとなく、ありそうでなかった3Dメガネ側から操作できるというこの機能ですが、意外と便利で好評のようです。


よくよく考えてみれば、2D映像に切り換えるのにわざわざリモコンを探すのも面倒ですからね。3Dメガネ側から操作できるのは楽かも。


アクオスの3Dメガネ『AN-3DG10』は、シルバー、ブルー、レッドの3色があります。
3Dトランスミッターからの信号が受信できなくなると、一定時間経過後に自動で電源が切れるオートパワーオフ機能も搭載されています。


3Dテレビを購入する際は、別売りや付属される3Dメガネの機能や操作性もチェックしておきたいところですね。

3Dテレビで2D映像が見れるか?

3Dテレビが発売されてから1年ほどしか経っていないので、3Dテレビに関して誤った知識を持っている方も多いようです。私の知り合いにもいたのですが、3Dテレビは3D映像しか見ることができないと思っている方はいませんか?


そんなことはないので安心してください。
3Dテレビは3D映像はもちろん、通常の地上デジタル放送のような2D映像もちゃんと視聴することができます。


SONY・BRAVIA(ブラビア)などが、3D映像を視聴するために必要な3Dメガネや3Dシンクロトランスミッターを別売りにして販売していることを考えれば納得ですよね。


3D映像しか見れないなら、テレビ本体のみを購入した人は3Dメガネなしで見たあのボヤけた映像しかみる事ができない、ということになってしまいますからね。


各テレビメーカーとも3D対応の機種を次々と発表、販売しているので、それに合わせて3Dコンテンツも今後どんどん増えてくると思います。


今、3D機能が不要と思っていてもいずれ欲しくなる可能性が高いので、3Dテレビを購入する際の判断は慎重に。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ