【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

3Dテレビ

3Dテレビで2D映像が見れるか?

3Dテレビが発売されてから1年ほどしか経っていないので、3Dテレビに関して誤った知識を持っている方も多いようです。私の知り合いにもいたのですが、3Dテレビは3D映像しか見ることができないと思っている方はいませんか?


そんなことはないので安心してください。
3Dテレビは3D映像はもちろん、通常の地上デジタル放送のような2D映像もちゃんと視聴することができます。


SONY・BRAVIA(ブラビア)などが、3D映像を視聴するために必要な3Dメガネや3Dシンクロトランスミッターを別売りにして販売していることを考えれば納得ですよね。


3D映像しか見れないなら、テレビ本体のみを購入した人は3Dメガネなしで見たあのボヤけた映像しかみる事ができない、ということになってしまいますからね。


各テレビメーカーとも3D対応の機種を次々と発表、販売しているので、それに合わせて3Dコンテンツも今後どんどん増えてくると思います。


今、3D機能が不要と思っていてもいずれ欲しくなる可能性が高いので、3Dテレビを購入する際の判断は慎重に。

明るい3D映像を実現したAQUOS(アクオス)クアトロン

世界初の4原色として話題になったSHARP・AQUOS(アクオス)の『クアトロン』ですが、3D映像が明るくとても見やすい。


家電販売店で、ちょうど『AQUOSクアトロン3D』の体験コーナーがあって試したことがあるのですが色鮮やかです。


クアトロンとは、従来の『赤、緑、青』の3原色で映像を表示する仕組みに、『黄色』の要素を加えたもの。これにより映像の黄色や金色などのカラーが色鮮やかになり映像全体がとても明るく感じます。黄色を加えただけで、ずいぶん印象が変わるものなんですね。


3D映像は色表現が難しいことをご存知ですか?
クロストーク現象(3Dテレビ特有の映像のボヤケ)などの短所があることが有名ですが、3D映像は色鮮やかさが失われやすいという特徴もあります。


アクオスでは、4原色革命『クアトロン』技術により、3D映像をくっきり鮮やかにすることを実現しています。


他のメーカーの3Dテレビを買う予定の方も、一度はAQUOSクアトロン3Dを視聴してみたほうがいいですね。

SONY・BRAVIA(ブラビア)HX80R 3D対応録画モデル

SONY・BRAVIA(ブラビア)のHX80Rシリーズはハードディスク500GBが内蔵されています。これはERモードで録画した場合約469時間もテレビ番組を録画することが可能です。


このHX80Rシリーズは、専門家の評価も高く一体型の液晶テレビを探している方にはおすすめの機種です。


昨年登場した3Dにも対応しているので、3D放送や3D対応ソフトを用意すれば立体映像を楽しむこともできます。


3D映像を視聴するために必要な3Dメガネや3Dシンクロトランスミッターが別売りということで、価格が少し高く感じるかもしれませんが、ソニーのレコーダーがそのまま内蔵されているようなものなので、液晶テレビとは別にレコーダーを購入しようと思っている方にはお得な一台。


画面サイズは、55V型、46V型、40V型の3機種。
操作性が高くリビングに置くには最適の液晶テレビです。


ちなみに2011年7月24日に終了するアナログ放送には対応していないので注意です。
アナログ放送を録画できないだけでなく視聴することもできません。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ