TOSHIBA・REGZA(東芝・レグザ)といえば、やっぱりCELL REGZA(セルレグザ)55X1が気になるところですが、ブルーレイディスクプレイヤーを搭載した最新液晶テレビ『R1BDPシリーズ』もなかなかですよね。


レグザの液晶テレビ『R1BDPシリーズ』は、2010年2月に発売された最新モデルで、レグザの超解像技術レゾリューションプラス2』を採用。


また『おまかせドンピシャ高画質3』により、ブルーレイを視聴するときも画質を最適なものへと自動的に調整してくれます。


ブルーレイディスクの他、DVDや音楽CDも再生できるので使い勝手も良さそうです。


録画操作も簡単そうだし、レグザ純正のUSBハードディスク『THD-50A1』も使えるということで録画容量も気にしなくてOK!


32V型の『32R1BDP』と26V型の『26R1BDP』の2サイズしか発売されていないという点と、スロットインディスクドライブが液晶テレビ画面のサイドに搭載されている点が個人的には残念ですが、レクザがもつ高画質でブルーレイやDVDが見れるのは良いですよね。