【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

録画

REGZA(レグザ) USBハードディスク録画「THD-50A1」

TOSHIBA・REGZA (東芝・レグザ)の液晶テレビでは、USBハードディスクをケーブル一本で接続することにより地上デジタル放送を長時間録画する仕組みをとっています。


このUSBハードディスクはレグザの純正のもので「THD-50A1」といいます。
500GBの大容量で地上デジタル放送を焼く53時間も録画が可能。
サイズはコンパクトで幅8.2mm、奥行き13.2mm、高さ2.0mm。


USBハブを使用すれば最大で4台までレグザと同時接続ができるので使い勝手も良さそうです。


レグザへの登録は最大8台までできるので、家庭でひとり1台USBハードディスクを購入して、番組を録画するようにすれば管理や整理が格段に楽になります。


内蔵ハードディスクだけだと保存場所が一箇所になるので、すぐにゴチャゴチャになりそうですからね。


このUSBハードディスク「THD-50A1」は、コンセントも不要のケーブル一本接続なのでテレビ台あたりにスッキリ収納できるのも良いですよね。

CELL REGZA(セルレグザ)8チャンネル自動録画機能

最近、テレビ番組で液晶テレビが特集されると必ず紹介される東芝のCELL REGZA (セルレグザ)ですが、何がそんなに良いのか?


高画質、高音質はもちろんトップクラスですが、やっぱり注目されているのは8チャンネル自動録画できる機能ですよね。


自動的に録画されるということは、見逃す番組がなくなる。
夜、新聞のテレビ欄を見て『あっ、この番組、録画しとけば良かった~』なんてことありません?私はかなりあります。


そのな時でも、26時間分録画してくれているので、さかのぼってお気に入りの番組を視聴することができます。


地上デジタル放送のチューナーを8基搭載しているので、同時に8チャンネル録画可能です。このチャンネル数なら、ほとんどの放送局の番組を見逃すことがなくなりますよね。


マイナスな点としては価格が高めということです。
さすがに最新技術を集結したモンスターテレビだけあって、価格もモンスターレベルです。画質や音質、機能や性能を考えれば妥当な金額設定なのかもしれませんが、他の薄型テレビと比べると目立つ金額。


価格面をクリアできるなら、8チャンネル自動録画できるセルレグザ55X1を選んでおけば間違いはないのでは?

薄型テレビの電子番組表

録画機能が内蔵されたものなど、薄型テレビで番組を録画をするとき『電子番組表』を使って録画予約をします。この機能は大変便利で、ほとんどのテレビメーカー、各モデルで採用されています。


ブラウン管テレビの時に、新聞やTVガイドなどの雑誌を見ながらビデオやDVDプレーヤーに録画予約していたものが、今度はテレビ画面上に新聞などで見慣れている縦方向の番組表が表示され、そこから簡単に録画予約ができる訳ですから便利ですよね。


電子番組表は、テレビ番組を良く録画する方にとってはかなり重要な機能。
でも、意外と購入するときにチェックをしない方が多い。


テレビメーカーや、同じメーカーでもモデルによって、電子番組表の表示のされ方は違うので注意です。


東芝・レグザの番組表は、1度に画面表示できるチャンネル数は7チャンネル。シャープ・アクオスは9チャンネル。またそれに合わせて文字のサイズなどもとうぜん違います。


良く使う機能ほど購入前に確認が必要です。
見やすいデザインや色は、人によって違いますので必ず確認しましょう!



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ