【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

録画

【アクオスのBDXL規格】1枚のディスクに最長87時間の録画が可能

シャープ・AQUOS(アクオス)では、いちはやく新規格『BDXL』に対応した録画機能付き液晶テレビを発売しています。搭載されている機種としては、ブルーレイ内蔵のLEDアクオスR5シリーズがあります。


R5シリーズは、薄型エッジタイプLEDバックライトを搭載させた液晶テレビで、USB外付けハードディスクとBDのW録画が可能というものです。画面サイズは画面サイズは40V型(LC-40R5)、32V型(LC-32R5)、26V型(LC-26R5)があります。おすすめの機種なので、このあたりの画面サイズを探している方は候補のひとつに。続きを読む

BRAVIA(ブラビア)スカパーHDハイビジョン録画

SONY・BRAVIA(ブラビア)の録画&4倍速3D対応のHX80Rシリーズには『スカパー!HD』をハイビジョン録画できる便利な機能が搭載されています。


この機能は、LANケーブルを使ってブラビアとデジタルCS放送チューナーを接続。
番組表と連動しスカパーHDを録画することができるというもの。


録画回数に制限がかかっていた場合など、全ての番組を録画できるというわけではないですが、録画した番組をブルーレイディスクにダビングして保存できるなど便利です。


ブラビアには他に録画モデルとしてEX30Rというシリーズがありますが、この機種でもスカパーHDをハイビジョン録画することができます。


ちなみに、
HX80Rシリーズは、55V型、46V型、40V型。
EX30Rシリーズは、32V型、26V型の画面サイズが発売されています。


2つのシリーズは『スカパー!HD』をハイビジョン録画できるといっても、他の機能や性能にかなり違いがあるので購入の際にはご注意を。

Panasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)G3シリーズ

2011年2月中旬にPanasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)から液晶テレビG3シリーズ42V型『TH-L42G3』が発売されます。今回の新製品G3シリーズは、省エネ性能と高画質での録画にこだわったモデル。


【G3シリーズ42V型『TH-L42G3』の特徴】
・LEDバックライト
・ISPαパネル
・2倍速駆動Wスピード
・動画解像度900本
・ダイナミックコントラスト200万:1
・オートモード
・アクトビラビデオフル対応
・USBハードディスク録画
・SDメモリカード録画
・省エネ(年間消費電力量約5%カット)


特に注目なのは『USBハードディスク録画』に対応しているというところ。
USBハードディスク録画とは、USBケーブルを使って外付けハードディスとつなげは手軽に番組録画ができるというもの。


TOSHIBA・REGZA(東芝・レグザ)の薄型テレビの特徴でもあったUSBハードディスク録画ですが今後はビエラでも可能になるんですね。


外付けハードディスクは別売りなので追加費用がかかってしまいますが、録画容量を必要な分だけ増やせるというのは大変便利です。人によっては内蔵タイプより使い勝手が良くなるのでは。


G3シリーズTH-L42G3については、今後どんどん取り上げていこうと思いますので、発売日までゆっくりと購入を検討してみてください。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ