【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

録画テレビ

録画テレビと単体レコーダー

録画機能が搭載された薄型テレビも、2010年あたりから全てのメーカーが取り扱うようになり、かなり多くの機種が発売され選択肢が増えてきました。


すでに単体のレコーダーを持っているという方は別として、薄型テレビに録画機能が欲しい場合、録画テレビか単体レコーダーを別に購入するか悩みますよね。続きを読む

HITACHI・Wooo(ウー)TSX8モードとは?

HITACHI・Wooo(ウー)の録画テレビでは、『TSX8モード』という録画機能が採用されています。


TSX8モードとは、ハイビジョン放送を8倍長く録画することができる機能で、WoooのZPシリーズやXPシリーズなどハートディスクを内蔵している液晶テレビやプラズマテレビで採用されています。


具体的な録画時間は、内蔵ハードディスク320GBのXP05の場合で約256時間、内蔵ハードディスク500GBのZP05の場合で400時間、ハイビジョン放送を録ることができます。


注意する点としては、ZP05やXP05ではアナログ放送の録画ができないということと、ダブル録画には対応していないということ。


ダブル録画とは、東芝・REGZA(レグザ)の『地デジみながらW録』と同じような機能。
地デジチューナーを3つ搭載させているので、時間帯の重なった2番組を同時に録画しながら録画中も他の番組を視聴することができるというものです。


日立の録画機能搭載の液晶やプラズマは、録画テレビとしての完成度が高いと定評があるので、録画テレビの選び方が分からないという方は、Woooの機能を参考にしてみるといいかも。

使いやすい録画テレビSONY・BRAVIA(ブラビア)HX80R

口コミ情報などを見ていると、SONY・BRAVIA(ブラビア)から2010年11月に発売された録画・4倍速3D対応の液晶テレビ『HX80R』が好評のようです。


レコーダーが内蔵された液晶テレビは他にも数多く発売されていますが、HX80Rは操作性の高さから注目されています。


従来の録画テレビはレコーダーが内蔵されていると言っても、使う機能によっては操作手順が面倒で使いにくい機種が結構ありました。


HX80Rは録画やダビングの操作が簡単で分かりやすいと口コミでも評判。
液晶テレビの操作性は購入した後でないと実感できないものなので、口コミ情報は重要です。


レコーダー内蔵ということで価格は高くなりますが、液晶テレビとは別にレコーダーを購入しようとしている方にはおすすめ。


オールインワンテレビが登場したばかりの頃は録画機能が内蔵されていない機種との価格差が結構ありましたが、最近ではだんだんと価格差が縮まってきてるので合計金額を考えると安く済む場合もあります。


液晶テレビに内蔵されているレコーダーと別売りのレコーダーの両方の機能や性能をチェックして大差がないようなら一体型の液晶テレビを購入した方がお得かもしれませんね。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ