【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

自動画質調整

AQUOS(アクオス)好画質センサー&ぴったりセレクトとは?

各テレビメーカーともに独自の工夫をしている『自動画質調整機能』ですが、SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)では『好画質センサー』や『ぴったりセレクト』という名称で液晶テレビの各モデルに搭載されています。


まず『ぴったりセレクト』ですが、これは液晶テレビが置いてある部屋の照明や日差しなどの光の強さや色を感知して、その部屋に合わせた画質や音質を自動的に調整してくれる機能です。テレビ放送はもちろんBD(ブルーレイディスク)ソフトなどの視聴コンテンツの内容によっても自動で最適なものへと切り替わります。


次に『好画質センサー』ですが、これは『ぴったりセレクト』に新機能を加えたもので、初期設定の時に簡単な質問に答えると、液晶テレビ本体が見る人の映像の好みを把握し、その人専用に調整してくれた画質を提供するというもの。


人によって画質の好みは様々なので、『自分専用画質の液晶テレビ』という点では面白いアイデアですよね。


自動画質調整機能は、各薄型テレビメーカーごとに色々とありますが、視聴する人専用に画質を調整してくれるのはアクオスだけかも。初期設定時の質問内容や精度が気になるところですね。

日立Wooo(ウー)インテリジェント・オート高画質のエコ効果

最近、このブログで各薄型テレビメーカーの自動画質調整機能を取り上げていますが、忘れてはならないのが、HITACHI・Wooo(日立・ウー)の『インテリジェント・オート高画質』ですよね。


Wooo(ウー)で採用しているこの機能は、他のメーカーと同じくテレビが置いてある部屋の環境(照明や日差しなど)の光を分析して、視聴に最適な画質を自動調整してくれます。


他メーカーの薄型テレビと異なる点は『照明環境&エコ効果メーター』が搭載されているということ。自動画質調整の機能に省エネ効果があるということを以前ブログで書きましたが、日立のインテリジェントオート高画質では、その節電の効果が現在どれくらいあるかをメーターを見ることにより確認することができます。


また、『周囲の光の色合い』や『周囲の明るさ』のメーターもついていているので、テレビの置いてある部屋が、テレビにとって明るいのか?暗いのか?を確認することもできます。


この機能を搭載した機種は、プラズマテレビだと『XP035』『XP03』『HP03』シリーズ。液晶テレビだと『XP035』『XP03』『WP03』シリーズです。


『エコ』というキーワードで薄型テレビを探している方にはオススメの機能ですので、照明環境&エコ効果メーターだけでも店頭で確認してみてください。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ