【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

直下型

【LED液晶テレビ】エッジライト型の特徴

LED液晶テレビには、エッジライト型と直下型という2種類のタイプがあります。主流はエッジライト型。ソニーのブラビアあたりが採用している方式です。


LED液晶テレビの購入を検討するとき、どちらの方式のテレビが良いか悩む方も少なくないと思います。個人的なおすすめはエッジライト型。理由は、エッジライト型の特徴が、『省エネ』と『薄型化が可能(=デザイン性)』という点において優れているからです。直下型はエッジライト型に比べてそのあたりが劣っています。


でも直下型のLED液晶テレビも当然販売されていますよね?
どうして省エネとデザイン性の向上を捨ててまで直下型にするかというと『高画質』が再現できるからです。


エッジライト型を勧める理由は、店頭で両方の映像を確認したときに、エッジライト型の映像が直下型と比べて劣ると言われるものの十分に高画質に感じたからです。


映像の見え方には個人差があるので、人によっては意見が違うと思いますが、店頭で見たくらいの画質が再現できるなら省エネ性と薄型化に優れたエッジライト型の方が個人的に良く感じる。


家電販売店に行った際にはLED液晶テレビの直下型とエッジライト型の両方のタイプを視聴してみてください。

【液晶テレビ:LEDバックライト】直下型とエッジライト式の違い

最近、よく耳にするようになった液晶テレビの『LEDバックライト』ですが、家電販売店でLEDバックライトと書いてあっても、全てが同じものではなく方式による違いがあるので注意が必要です。
LEDとは?


液晶テレビで採用されている代表的なのが『直下型』と『エッジライト式』の2つ。直下型は従来の蛍光管をLEDに置き換えたもので、エッジライト式は、LEDをフレーム部分に配置し、導光版というもので光を画面全体に引き伸ばす方式のものです。


直下型については、さらにエリア制御(光源を部分ごとに区切って光量の制御を行う)ができるものと、できないものに分かれています。


一時期、このエリア制御が液晶テレビで注目されていましたが、シャープのアクオスあたりはエリア制御なしで、新開発した『UV2A技術』採用の次世代液晶パネルとLEDエッジライトのお組合せによって、光量の利用効率を大幅に高めています。


一般的に液晶テレビの高画質を求めるなら直下型で、省エネを求めるならエッジライト式と言われているので、このあたりを基準に液晶テレビを選ぶと良いかもしれません。


ちなみに上記のアクオスはLEDアクオス『LX1』『SE1/SC1』のことで、どちらも液晶テレビAQUOS(アクオス)の中ではオススメの機種なので、店頭に行った際にでも見てみてください。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ