【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

画質

SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)の画質

家電販売店に行くと分かりますが、同じ液晶テレビでも映像が暗いものと明るいものがありますよね?明るい液晶テレビが好みだという方は、SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)の画質がおすすめです。


特に話題の3D対応テレビは、従来の暗くなりがちな3D映像を独自の技術によって光利用効率を従来の約1.8%アップさせているので、3D映像でも明るい映像が楽しめます。また、3D映像は色鮮やかさが失われやすい性質があるのですが、アクオスは色彩については強いこだわりをもっているので、4原色技術(クアトロン)やUV2A技術により映像の色彩が鮮やかです。


インターネットでアクオスの液晶テレビを探していると、『UV2A技術』という用語が良く出てきますよね。この技術もバックライトとともにアクオスの高画質に貢献しているのでチェックしておきたいところ。


UV2A技術とは、バックライトからの光が液晶パネルを通過する際に、光の透過率を下げる原因となっていた液晶セル内の構造物による光の漏れや妨げをなくす技術で、光を有効利用しコントラストを高め消費電力を抑える効果があります。


UV2A技術とともにコントラストと省エネ性能を高めているバックライトにはLEDを採用しており、LED光拡散技術によって光を画面全体を効率よく均等に照らすことができます。


最近発売されたアクオスの液晶テレビには、ほとんどこれらの技術が採用されていますが、少し前のモデルにはLEDバックライトは採用されているもののUV2A技術は採用されていなかったりとシリーズや画面サイズによって違いがあります。


画質の好みは人によって違うと思いますが、リビングなどの明るい部屋に置く液晶テレビとしてはアクオスの画質は最適だと思うので、家電販売店でぜひ視聴してみてください。

液晶テレビとプラズマテレビの違い

液晶テレビとプラズマテレビの違いも、数年前と比べるとだいぶ変わってきましたので改めてまとめてみました。


■仕組みの違い
液晶テレビは、バックライトからカラーフィルターに向かう光の量を液晶で制御することによって映像を映しだすのに対して、プラズマテレビは、赤・青・緑の蛍光体自体が発光し映像を映しだします。


■画面サイズの違い
液晶テレビは20V型の小型モデルから60V型の大型モデルまで幅広い画面サイズの販売を展開しているのに対し、プラズマテレビは構造上、小型化が難しいので最小のものでも42V型程度です。


■画質の違い
構造の違いから液晶テレビはプラズマテレビに比べて、残像感(早い動きの映像を視聴したときのボヤケ)や、コントラスト(画面の最も明るい部分と最も暗い部分の明るさの比のこと)の面で劣っていますが、明るい部屋での視聴に適しており、数年前と比べると残像感やコントラストも大幅に改善されています。一方、プラズマテレビは構造上、残像感が発生せず高コントラストを誇るものの、明るい部屋での視聴では映り込みが気になったりします。


■消費電力の違い
数年前のプラズマテレビは消費電力が多く電気代がかかると言われていましたが最近ではほぼ改善され、機種によっては液晶テレビより消費電力が少ないものも存在します。


■重量の違い
液晶テレビは省スペースで軽量なのに対し、プラズマテレビの重量は重く構造上大型サイズばかりなので設置や移動が大変。


■価格の違い
プラズマテレビは大型サイズとなるので高価なイメージがあるかもしれませんが、同じ画面サイズの液晶テレビと比較するとほとんど価格差がないのが現状。液晶テレビはバックライトや映像エンジンの違いなどによって価格は様々。あまりオススメできませんが驚くほど激安の液晶テレビも存在しています。

アナログ放送用のテレビで地デジを視聴する際の注意

2011年7月にアナログ放送が終了となりますが、地デジ対応のテレビを購入する気がないという方は意外と多いと思います。


地上デジタル用の単体チューナーを購入して、アナログ放送用のチューナー搭載のテレビに接続すれば、一応はテレビ番組を視聴することができますから人によっては地デジ対応テレビは不要ですよね。


でも、私の友人でも勘違いしていた人がいたのですが、地上デジタル用の単体チューナーを接続すれば地デジ対応テレビと同じ画質の映像が見れると思っていませんか?


それは間違いなのでご注意を!
単体チューナーは地上デジタルの信号をアナログに変換して映すためのものです。地デジ本来の高画質な映像を視聴することはできません。


高画質な映像を見たいという方は、やはり地上デジタル対応のテレビを購入する必要があります。


画質を気にしない方やテレビをほとんど見ないという方は、無理に液晶テレビやプラズマテレビを購入する必要はないと思いますが、地上デジタル放送ならではのコンテンツも充実していますし、一度家電販売店で薄型テレビの機能やコンテンツ、画質などを確認してみるのもいいかも。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ