液晶テレビの設置スタイルに『壁掛け』という方法があります。テレビ台やスタンドの必要がなく、室内の空間がスッキリしてインテリア性が高いのが魅力ですね。


ただ、液晶テレビを壁掛けにする際はシッカリと考えたうえで判断をしましょう。一度取り付けると移動させるのが大変です。部屋の模様替えが好きな方や引っ越しが多い方などは、その都度専門業者さんを呼ぶことになります。


たまに自分で取り付けをする方がいますが、薄型化さえたとはいっても、テレビ本体はかなり重量がありますし、壁掛けの専用金具の取り付けなど専門的な知識も必要になりますので危険です。液晶テレビを壁掛けにする際は、テレビを移動させる可能性を色々と想定して決断しましょう。


壁掛けにしたいけど設置してくれる業者さんを知らないという方は、テレビメーカーや家電販売店で業者さんを紹介してくれるところもあるので購入の際に相談を。


ちなみに『壁掛け』ではなく、『壁寄せ』という薄型テレビの設置スタイルもあるので興味のある方は探してみてください。壁掛けほどスッキリはしませんが、ある程度の空間が有効利用できますし比較的移動することも容易です。