【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

最適視聴距離

リビングに置く液晶テレビの選び方

ほとんどの家庭がリビングに置く薄型テレビを最初に買い替えると思いますので、リビングに置く液晶テレビの選び方について。選ぶポイントは、画面サイズや設置スペース、視野角、最適視聴距離です。


■画面サイズ
以前ご紹介しましたが、画面サイズは縦幅に注意して選んでください。
形数だけで選んでしまうと、大きめ買ったつもりが従来のブラウン管テレビより縦幅がなく映像が小さく感じてしまうことがあります。


■設置スペース
事前に液晶テレビを置くことになるスペースの寸法を測っておきましょう。
薄型テレビはブラウン管テレビよりも奥行きがないので、コーナーに置く場合でも大きめの画面サイズのテレビを選んでも大丈夫です。ちなみにテレビと一緒にテレビ台も買い替えた方が部屋を広く使えるのでおすすめ。


■視野角
液晶テレビは見る角度によって見え方が違う機種もあるので注意です。
リビングなどの広い空間に置く場合は視野角が重要。
店頭では色々な角度から映像を確認するようにしましょう。


■最適視聴距離
目に負担をかけずに映像を視聴することができるテレビ画面からの距離のことです。
目安はテレビ画面の高さを3倍した距離です。リビングの家具の配置を事前に確認してから家電販売店に行くようにしましょう。

テレビ台を購入するときの注意

薄型テレビ売れ行きに合わせてテレビ台も様々なタイプのものが発売されていますが、テレビ台を購入するとき見かけの格好良さだけで選ばないように注意しましょう。


重要なのはテレビ台の高さです。
テレビ台の高さはテレビを長い時間視聴するにはとても重要で、間違った高さの台では目や首に負担がかかり疲れます。


以前、少しご紹介しましたが、最適なテレビ台を選ぶポイントは、テレビ台の高さと最適視聴距離です。


最適視聴距離にソファがあると仮定して、真っ正面を向いた視線から10度から15度くらい下の視線とテレビ画面中央が重なるような位置がベストです。


ローボードの場合はソファに座ってテレビを視聴するなら、だいたい30cmから40cmくらいの高さのテレビ台になると思います。


友人が何も考えずにテレビ台を購入したことがありました。
見かけはカッコイイですが、テレビを見上げる感じで視聴するため首が痛くなると困ってました。皆さんは注意してくださいね。

薄型テレビを購入する際はテレビ台も一緒に

薄型テレビを購入する際は一緒にテレビ台も購入しましょう。
ブラウン管テレビで使っていた台を使うのも手ですが、やはりテレビの薄さが違うのでシックリこないと思います。


薄型テレビ専用のテレビ台はブラウン管テレビで使っていた台よりも奥行きがないので、スペースを有効利用できて部屋を広く使うことができます。


それに、ブラウン管テレビから薄型テレビに買い換えた場合、通常は大きめの画面サイズのものに買い換えるのでテレビ台に収まりきらず不安定で危ない場合があります。


薄型テレビ専用のテレビ台は、ローボードタイプ、前マドが付いたクローズタイプ、壁収納タイプなど様々なものが発売されています。


ローボードタイプあたりは、薄型テレビ上の空間も広く感じ、ソファに腰掛けてテレビを視聴するという方には最適。


ちなみにローボードタイプのテレビ台は高さに注意して購入してください。
人間の視線は少し下を向いているくらいが目に一番負担がかからないので、最適視聴距離の位置にソファを置き、少し下を向いた視線にテレビ画面の中央がくるとベストです。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ