【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

地デジ見ながらW録

東芝・REGZA(レグザ)地デジチューナー3基搭載機種

前の記事で地デジチューナーが3基以上搭載された機種が便利という話をしましたので、具体的な機種を東芝・REGZA(レグザ)からご紹介したいと思います。


レグザには、最大8チャンネル分の地デジ番組を24時間以上保存できる2TB内蔵のタイムシフトマシン2を搭載したCELLレグザ『X2』とCELLレグザSLIM『XE2』がありますが、この2つの機種は特別なので今回は省略。続きを読む

TOSHIBA・REGZA(レグザ)外付けHDD録画

TOSHIBA・REGZA(東芝・レグザ)の液晶テレビには外付けHDD録画の機能がほぼ全ての機種に搭載されています。最近では他のテレビメーカーも採用している録画機能なので、液晶テレビを選ぶ際は覚えておきたいところ。


東芝の外付けHDD録画は、別売りのUSBハードディスクを用意してレグザに接続すれば手軽に録画ができるというものです。


レグザには内蔵HDDの液晶テレビもありますが、録画番組をジャンルごとに分類して保存したいという方には外付けHDDの方が便利。


外付けHDDはパソコン向けに発売されているUSBハードディスクを使用することもできます。どれを購入してよいか分からないという方は、レグザ純正USBハードディスク『THD-50A1』がおすすめ。シンプル、コンパクトなのでテレビまわりがすっきりします。


THD-50A1は容量が500GBあり最大4台、ハブを使用すれば最大8台まで接続可能で、レグザへの登録は最大8台まで可能。


レコーダーのように編集機能はないですが、見たい番組を録画してそのまま保存したり見終わったら消すという方には不便はないと思います。


ちなみに『地デジ見ながらW録』にも対応しているので、地上デジタル3チューナー搭載の機種を選べば2番組同時録画にも外付けHDDを使用することができます。

TOSHIBA・REGZA (東芝・レグザ)地デジ見ながらW録とは?

TOSHIBA・REGZA (東芝・レグザ)の新機能に『地デジ見ながらW録』という機能があります。これは見たい番組を2番組同時録画しながら、更に録画番組以外の放送が視聴できるというもの。


この機能は便利ですよね?
特に今の時期。見たい番組が2~3つ重なること良くないですか?
お正月は特別番組が多いから録画が大変。


わが家の場合は、パソコンとテレビの両方にアンテナをつなげているので、2番組まではなんとか録画できますが・・・なにかと面倒です。


テレビ番組を良く録画する人にとって、録画機能はテレビ選びの際に最も重要視するポイント。高画質や高音質も、もちろん重要ですが・・・見たい番組が見れなければ意味がないですからね。


『地デジ見ながらW録』は、録画中の視聴番組には少々制限があるものの、録画番組の組合せは、地デジ、BS、CS110度なら、どの組合せも可能。


レグザには、もう一つ似た機能の『おでかけW録』というものがあります。
この機能も2番組同時録画が可能なんですが、『地デジ見ながらW録』とは少し違います。次回あたりに記事にしますので、液晶テレビを購入の際には注意してください。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ