SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)の液晶テレビでは「4倍速駆動パネル」を採用したものがあります。現在発売されている機種では、高画質モデルのHX920やHX820、HX720など上位の機種で採用されています。


4倍速駆動パネルとは、液晶テレビ特有の残像感を低減するための技術で、これにより動きの早い映像も2重にボヤけることなく動きがなめらかになり見やすくなります。続きを読む