【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

フルブラックパネル

【新製品】VIERA(ビエラ)VT5シリーズ・2012年4月下旬発売

パナソニックよりVIERA(ビエラ)VT5シリーズが4月下旬より発売されます。今回の新製品は先進のネットワーク機能を搭載した高画質の地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン・プラズマテレビです。


昔から『黒』の表現力に定評のあるパナソニックのプラズマテレビですが、VT5シリーズは、『フル・ブラックパネルⅢ』を搭載させたことにより、従来のパネルより黒の深みを高め、同時に艶のある映像を楽しめるようになりました。続きを読む

Panasonic・VIERA(ビエラ)TH-50V2がお買い得!

パナソニックのプラズマテレビ、Vシリーズ50V型『TH-50V2』がお買い得価格になっています。TH-50V2は2010年3月にビエラ最高画質モデルとして、発売時は最上位機として店頭に並んでいた機種。


現在のビエラ最高画質モデルである3D対応VTシリーズが発売されてからは、ビエラのカタログでも見かけなくなりましたが、フルブラックパネル搭載で、画質はもちろん音質、エコ性能と完成度が高い一台。特に500万:1のネイティブコントラストを実現した黒の表現力には定評があります。


【TH-P50V2の特徴】
フルブラックパネル
・ネイティブコントラスト比500万:1
・動画解像度1,080本
・ハリウッドカラーリマスター
・バーチャル3Dサウンド
・ダブルチューナー搭載
お部屋ジャンプリンク対応
・エコナビ
・YouTube、アクトビラ・ビデオ・フル対応


昨年の夏頃は価格.comの最安値でも20万円を切らなかった機種ですが、現在は最安値16万円ほどで売られています。最近の薄型テレビのトレンドである3Dや録画機能が不要という方はチェックする価値ありです。


50V型は大きすぎるという印象があるかもしれませんが、このあたりのサイズがフルHDの精細さや、映像の迫力、臨場感などを一番堪能できると思います。


映画を良く見るという方には、液晶テレビよりもプラズマテレビの方が満足できる画質が得られると思うので店頭で比較してみてください。

Panasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)VTシリーズ

Panasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)の『VTシリーズ』は、54・50V型が2010年4月に、65・58V型が5月に発売され、7月に46・42V型が3D対応ビエラ最高画質モデルとして発売されました。ビジュアルグランプリ2010の総合金賞を受賞しているプラズマテレビです。


パネルには高画質と省エネを実現した『フルブラックパネル』が採用され、従来のプラズマテレビのパネルより2倍も発光効率を向上させることに成功。ネガティブコントラスト500万:1を実現しています。ネガティブコントラストとは同一画面内で同時に表現できるパネルの暗所コントラストのこと。


パナソニックのプラズマテレビの魅力は、なんといっても映像の黒の表現力ですよね。映像の黒色は全ての色を引き立てる効果があるのでとても重要。VTシリーズの黒はまさに『漆黒』で、ぜひ家電販売店で実際に見てもらいたい色彩です。


その他の特徴は、動画解像度1,080本を実現。3Dテレビということで、3Dグラス(メガネ)が1個付属されてきます。3Dグラスは別売りで追加が可能。


3D対応のプラズマテレビが欲しいけど、録画機能が内蔵されていないと不便という方は、2010年8月に発売されたビエラの『RTシリーズ』がおすすめです。3Dに対応している上、ブルーレイとハードディスク(500GB)が内蔵されたモデルです。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ