【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

ビエラ

薄型テレビの価格低下を待ちすぎると品薄や在庫切れになる

欲しい薄型テレビの価格低下を待っている方というのは多いと思いますが、『待ちすぎ』には注意しましょう。あまりに待ちすぎると品薄や在庫切れで手に入らない可能があります。


最近の薄型テレビは次々と新製品が誕生する関係で生産を終了するのが早い。
まだまだ売れると思われる人気の液晶テレビが、いつのまにか店頭から消えていることも多いですからね。続きを読む

Panasonic・VIERA(ビエラ)の3Dリンク

3Dテレビが発売されたのが昨年だというのに、3Dに関する技術はすごい勢いで進化していますよね。Panasonic(パナソニック)のビエラリンクでは、世界初の3D対応ムービーにつづき、3D対応のLUMIX(ルミックス)も登場したことで、3Dリンクの幅がどんどん広がってきています。


薄型テレビに3D VIERA(ビエラ)を選んだのなら、他のブルーレイやデジタルカメラなどもビエラの3Dリンク対応のものを揃えたいところですね。


ちなみに『ビエラリンク』とは、パンソニックのAV機器などに搭載されている、機器を互いに連携させる機能で、HDMIの技術が使われています。


『ビエラにリンク』で検索すると色々と活用術などが調べられると思いますが、3D対応のムービーでは、これまで不可能だった3D映像を撮影して保存することができます。子供の運動会などの映像が臨場感ある立体映像で残せ3Dで視聴できる。


3D対応のルミックスでは、専用の交換レンズをカメラに装着するだけで、立体感のある写真を撮ることが可能。ビエラとリンクできるので楽しみ方が広がります。


最近の薄型テレビは各社とも独自のリンク機能が搭載されているので、周辺機器の機能や性能を知っておくことも重要です。選び方が変わりますからね。家電製品はいつかは必ず壊れるので、今購入する予定のない機器でもリンク機能が使えるなら調べておくと後々便利です。

【2011年3月新製品】Panasonic・VIERA(ビエラ)S3シリーズ

新開発のプラズマパネルを搭載したPanasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)S3シリーズが2011年3月中旬より発売されます。新製品のS3シリーズは、ビエラのスタンダード高画質モデルの地上・BS・100度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ。


発光効率を従来のS2シリーズより約15%アップさせ省電力なうえ、予備の放電なしに発光させることができるので映像の黒の表現力が向上。


【S3シリーズの特徴】
・新開発プラズマパネル
・ネイティブコントラスト200万:1
・SDメモリーカード録画対応
・USBハードディスク録画対応
・オートモード
・新『ワイドインテリジェントテレビ番組ガイド』
・音声読み上げ機能
・新タイマー機能(オフタイマー)
・シングルチューナー
・簡易2画面
・らくらくアイコン
・年間消費電力約10%ガット

【画面サイズ】
・42V型(TH-P42S3)


ネイティブコントラストが200万:1なので、ビエラ上位機種には及ばないもののプラズマテレビならではのクリアな映像が期待できます。


機能面では、SDメモリーカードとUSBハードディスク録画に対応。
SDメモリーカードとUSBハードディスクは別売りとなりますが、リモコンボタンひとつで手軽に番組録画を楽しむことができます。


パナソニックによるとS3シリーズより高画質で3Dに対応したものがいいならGT3シリーズを、録画機能が欲しいならブルーレイと内蔵ハードディクス500GBを搭載した3D対応のオールインワンモデルRT2Bシリーズを、ということです。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ