【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

ハードディスク内蔵

ハードディスクに録画した番組をブルーレイディスクにダビングする

ハードディスクに録画したテレビ番組を保存版としてブルーレイディスクにダビングしたいという方は多いと思います。ハードディスクは故障したら終わりですから、よくテレビ番組を録画するという方にとってはダビングは必須の機能ですよね。


シャープのアクオスでは、R5シリーズとDR3シリーズで、ブルーレイディスクへのダビングが可能となっています。両方ともダビングを簡単にすることができますが、少し違いがあるので解説します。続きを読む

【液晶テレビ】ブルーレイ&ハードディスク内蔵

昨年は、三菱のREAL(リアル)でしか発売していなかったブルーレイとハードディスクの両方が内蔵された薄型テレビも、ブラビア、ビエラと続き選択肢が増えてきました。CMで盛んに宣伝しているので気になっている方も少なくないのでは?


各社から発売されているHD(ブルーレイ)とHDD(ハードディスク)が内蔵された薄型テレビのラインアップを簡単にご紹介します。


■MITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)
・MDR1シリーズ(3D対応)
・BHR400シリーズ
・BHR300シリーズ

■SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)
・HX80Rシリーズ(3D対応)
・EX30Rシリーズ

■Panasonic・VIERA(パナソニック・ビエラ)
・RTシリーズ(3D対応・プラズマテレビ)
・R2Bシリーズ


ブルーレイとハードディスクが内蔵された薄型テレビは、ゴチャゴチャした配線がなく、録画・再生・保存に優れています。ハードディスクの容量は、リアルのMDR1シリーズがトップで、1TB(1,000GB)あります。他の薄型テレビは320GB~500GBといったところです。


上記の他にも、ブルーレイ対応でUSBハードディスク録画なんていう機種も発売されています。この場合は、別売りのUSBハードディスクを必要な分だけ購入できるので録画容量は無限です。


最新の薄型テレビを購入するに越したことはないと思いますが、自分が使わない機能があっても本体の価格が高くなるだけで意味はないので、比較・検討して自分の生活に合う機種を購入するようにしましょう。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ