【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

ハイビジョン

フルHDとハイビジョンを比較・どちらがいいか?

薄型テレビを店頭で選ぶ際、フルHDと、そうでないハイビジョンのどちらにするか悩まれる方は少なくないと思います。


フルHDのテレビは、デジタル放送の信号をフルに表示できる『1920×1080ドット』のパネルを持っているいるもの。ハイビジョンのテレビはそうでないもの。


なんとなくフルHDを選んでおいた方が、高画質な映像が見られるような気がしますが、それは間違い。


高画質な映像の条件はパネルだけで決まるものではありません。各テレビメーカーの映像処理エンジンや色の再現方法など要素は様々。


同じ条件なら?と思われる方も少なくないと思いますが、今度はテレビのサイズによっても違ってきます。


液晶テレビあたりは、サイズが小さいものになると『フルHD』と『ハイビジョン』を比較してもほとんど違いがありません。逆に大きいサイズになるとフルHDの方が高精細な映像。


店頭で、『フルHD』と書かれていても全てが同じものだと思わす、自分の目で映像を確認してテレビを選ぶようにしましょう!

薄型テレビ、フルHDとハイビジョンの違いとは?

フルHD(フルハイビジョン)の環境が整ってきたこともあり、テレビ購入の際の基準は『フルHD』が主流になってきています。


フルHD(フルハイビジョン)とは、1920ドット×1080ドットのパネルを持つテレビを意味しています。


薄型テレビを購入する際に『フルハイビジョン』と『ハイビジョン』の違いが分からず悩んでいる方も少なくなと思いますが、分からない点は『フル』という言葉の持つ意味ですよね?


デジタル放送のハイビジョン映像は、最高で1920ドット×1080ドット(約207万画素)で構成されています。


フルHD(フルハイビジョン)は、この映像を100%(フル)で表示することが可能なので、従来からあるハイビジョンの頭に『フル』をつけてフルHDとして区別しています。


ですから、従来からある『ハイビジョン』は、1920ドット×1080ドット以下の画素数のもの。


私としては、今後どんどんフルHDの環境が整ってくると思いますので、今、購入するなら『フルHD(フルハイビジョン)』がいいかと。



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ