【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

コントラスト

【液晶テレビ】IPSパネルとVAパネルの違い

液晶テレビのパネルには、大きく分けて『IPSパネル』と『VAパネル』という2種類があります。液晶テレビを選ぶにあたって、違いが分かりづらいと思うので簡単に特徴をご紹介します。


■IPSパネル
【長所】視野角に強く、見る角度による色やコントラストの変化が少ない。
【短所】輝度やコントラストが低くなりがちで黒浮きしてしまう。

■VAパネル
【長所】構造上、光をほぼ完全に遮断することができるので高コントラストの実現が可能。
【短所】視野角に弱く、見る角度によっては色やコントラストの変化が大きい。


IPSパネルとVAパネルとには上記のような長所と短所があります。
メーカーによって採用している液晶パネルが違うので、それも知っておきましょう。


■IPSパネルを採用しているメーカー
・パナソニック(ビエラ)
・日立(ウー)
・東芝(レグザ)

■VAパネルを採用しているメーカー
・ソニー(ブラビア)
・シャープ(アクオス)
・三菱(リアル)
・東芝(レグザ)


どちらのパネルにも東芝が記載してありますが、東芝は機種によってIPSパネルとVAパネルを使い分けているためです。


【注意】液晶テレビの画質はパネルだけで決まるものではありませんので、各パネルの特徴をおさえつつ実際に映像を確認して、液晶テレビを選ぶようにしましょう。

液晶テレビの画面が暗い

液晶テレビの画面が暗いと感じる方は画質設定をしましょう。
意外と多いのですが、もしかして買ったときの『初期設定』のままテレビを使い続けていませんか?


テレビを視聴する環境は設置する場所によって違いますし、画質の好みは人によって違います。


メーカーや機種にもよりますが、画質設定は映像の明るさや色、コントラスト(映像の最も明るい部分ともっとも暗い部分の明るさの比)などの調整が可能で自分の好みに合わせて映像の印象を変えられます。


液晶テレビの画面が暗いと感じている方は、画質設定で明るさを色々試してみて見やすいと感じる位置に調整しましょう。


ほとんどの液晶テレビにそういった画質設定の機能があると思うので、取扱説明書などで確認してみてください。それほど難しい操作でもないので、機械が苦手という方も簡単にできると思います。


画質設定をしても、まだ液晶テレビの画面が暗いと感じる方は故障の場合も考えられるのでメーカーのサポートセンターに相談してみてください。

【プラズマテレビ】Wooo(ウー)XPシリーズがお買い得!

2010年4月に発売されたHITACHI・Wooo(日立・ウー)のHDDレコーダー内臓モデル『XPシリーズ(XP05)』がお買得価格に。XPシリーズは液晶テレビとプラズマテレビの両方が発売されていますが、今回ご紹介するのはプラズマテレビの方です。


発売当初、30万円前後で店頭に並んでた50V型(P50-XP05)がどんどん値下がりし、最近では14万円台です。昨年11月に調べたときは最安値が18万円くらいでしたから1ヶ月で1万円以上安くなってます。


画面サイズは他に、46V型(P46-XP05)と40V型(P42-XP05)がありますが、どちらも同じような感じで値下がりしています。


【XPシリーズの特徴】
・フルHDダイナミック・ブラックパネル2
・コントラスト『5,000,000:1』
インテリジェントオート高画質2
・新Picture Master Full HD2
・ダブル録画、8倍録画
フォルダ自動整理ワケ録
カセットHDD『iVDR-S』対応
・DLNA対応


XPシリーズは、超解像技術採用のハイスペックモデル。
『ピクセルマネージャー』という高画質を再現できる技術が採用されていて、解像度復元や精細度回復の処理により鮮明な映像を楽しむことができます。


内蔵HDDは320GB。ダブル録画機能や8倍録画などの録画機能が充実しているので、テレビ番組をよく録画するという方にはおすすめです。また、プラズマテレビは残像感がなくコントラストが高いので映画鑑賞が趣味の方にもおすすめ。人気のある機種なので店頭で見かけた際には映像を確認してみてください。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ