【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

クロストーク

明るい3D映像を実現したAQUOS(アクオス)クアトロン

世界初の4原色として話題になったSHARP・AQUOS(アクオス)の『クアトロン』ですが、3D映像が明るくとても見やすい。


家電販売店で、ちょうど『AQUOSクアトロン3D』の体験コーナーがあって試したことがあるのですが色鮮やかです。


クアトロンとは、従来の『赤、緑、青』の3原色で映像を表示する仕組みに、『黄色』の要素を加えたもの。これにより映像の黄色や金色などのカラーが色鮮やかになり映像全体がとても明るく感じます。黄色を加えただけで、ずいぶん印象が変わるものなんですね。


3D映像は色表現が難しいことをご存知ですか?
クロストーク現象(3Dテレビ特有の映像のボヤケ)などの短所があることが有名ですが、3D映像は色鮮やかさが失われやすいという特徴もあります。


アクオスでは、4原色革命『クアトロン』技術により、3D映像をくっきり鮮やかにすることを実現しています。


他のメーカーの3Dテレビを買う予定の方も、一度はAQUOSクアトロン3Dを視聴してみたほうがいいですね。

3Dテレビ特有の短所:クロストーク現象とは?

クロストーク現象とは、映像が2重に見えてしまう現象で3Dテレビ特有の短所です。


3Dテレビは、右目用と左目用の映像を交互に表示するという仕組みにより立体的な映像を映し出すことができます。クロストーク現象は映像を交互に表示する際に、前の映像が重なって見えることにより起こります。


映像が2重に見えるということは『ボヤけた映像』を見るということなので、各社ともクロストークを抑える技術を開発して対策をとっています。


各テレビメーカーがクロストークを抑えるためにどのような対策をしているのかについては近いうちに記事にしてご紹介しますね。


それにしても薄型テレビに限らず商品の短所って、各社とも『従来製品の短所を改善しました!』と新製品のアピールとして使ってますよね。改善された新製品の発売の時に、初めて従来の商品の欠点を知るなんてことないですか?


今回の『クロストーク』という言葉も、改善策がなければ消費者が知ることがなかったのかな?と思ってしまう。


新製品の発売前に『うちの商品は、ここが欠点です』なんて宣伝したら売れなくなるし、発売後のお客さんからのクレームによって、初めてメーカー側が欠点を把握するなんてこともあると思うので仕方がないと思いますが・・・消費者としては複雑ですよね。


薄型テレビの購入時に気になることがあるという方は、メーカーや家電販売店に徹底的に質問して納得して購入するようにしましょう!



スポンサーリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ