【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

インテリジェントオート高画質

日立Wooo(ウー)インテリジェント・オート高画質のエコ効果

最近、このブログで各薄型テレビメーカーの自動画質調整機能を取り上げていますが、忘れてはならないのが、HITACHI・Wooo(日立・ウー)の『インテリジェント・オート高画質』ですよね。


Wooo(ウー)で採用しているこの機能は、他のメーカーと同じくテレビが置いてある部屋の環境(照明や日差しなど)の光を分析して、視聴に最適な画質を自動調整してくれます。


他メーカーの薄型テレビと異なる点は『照明環境&エコ効果メーター』が搭載されているということ。自動画質調整の機能に省エネ効果があるということを以前ブログで書きましたが、日立のインテリジェントオート高画質では、その節電の効果が現在どれくらいあるかをメーターを見ることにより確認することができます。


また、『周囲の光の色合い』や『周囲の明るさ』のメーターもついていているので、テレビの置いてある部屋が、テレビにとって明るいのか?暗いのか?を確認することもできます。


この機能を搭載した機種は、プラズマテレビだと『XP035』『XP03』『HP03』シリーズ。液晶テレビだと『XP035』『XP03』『WP03』シリーズです。


『エコ』というキーワードで薄型テレビを探している方にはオススメの機能ですので、照明環境&エコ効果メーターだけでも店頭で確認してみてください。

HITACHI・Wooo (日立・ウー)インテリジェント・オート高画質とは?

HITACHI・Wooo (日立・ウー)の一部の機種を除いた液晶テレビやプラズマテレビに『インテリジェント・オート高画質』という機能が搭載されています。


この『インテリジェント・オート高画質』とは、テレビの置いてある部屋の環境(日差しや蛍光灯の明るさ)に合わせて、映像を視聴に最適な高画質に自動調整してくれるというもの。


家電販売店に行くと分かりますが、テレビって、蛍光灯の光が強い場所だと映像が白っぽく見えてしまうことがあるんですよね。そうなると映像にメリハリがなく見づらくなります。


この機能は、そんな時に『インテリジェント・センサー』というものが、まわりの明るさを読み取り自動的にクッキリした映像に!


エコ効果もあるというのだから凄い。しかも、このエコ効果は『照明環境&エコ効果メーター』が付いているので、リアルに効果を実感できる。


それにしても、各テレビメーカーとも独自の便利機能を続々と開発しますよね。来年の今頃は、どんな機能が開発されているか楽しみです。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ