【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

アナログ放送

アナログ放送終了時の薄型テレビ駆け込み購入

アナログ放送は予定通り2011年7月24日をもって終了なるようです。
一部で延びるのではないかと噂されていましたが可能性はほぼ無くなったとか。


地デジの普及率がかなりの数字とはいえ、まだまだ地デジの準備をしていない世帯は多いですよね。私のまわりでも結構います。


3月のエコポイント制度の終了と7月のアナログ放送停波の直前には、駆け込みでアンテナ工事や地デジ対応テレビの購入をする方が多くなる。


薄型テレビの進化のスピードを考えると、ギリギリまで待って購入した方が機能、性能の充実した機種を買えるのではと思いがちですが注意が必要です。


たぶん価格高騰や在庫切れが発生します。


薄型テレビが成長するのをギリギリまで待ったのに、通常より高い価格で購入してたら得したのか損したのか分からないですよね。


ブラウン管テレビを地デジチューナーで使うという方は問題ないですが、地デジの準備として薄型テレビの買い替えを考えている方は、直前ではなく少しゆとりをもった時期に購入するようにしましょう。

【地上デジタル放送】デジアナ変換とは?

デジアナ変換とは、地上デジタル放送をアナログ放送の電波に変換して送信するサービスのことです。


期間は限られていますが、2011年7月24日のアナログ放送終了後もアナログテレビを使い続けることができます。


今やひとつの家庭にテレビが数台あることは珍しくないですからね。家中のテレビを一斉に地デジ対応にするのは大変だし、なにより費用がかかる。とういうことで、暫定的なサービスとしてデジアナ変換されることに。


デジアナ変換のサービスは、ケーブルテレビやフレッツテレビなどの加入者や契約者が利用することができ提供期間は下記の通り。(この他にもデジアナ変換サービスを提供している会社はあります)


【J:COM】2011年7月24日~2015年3月末日
【フレッツテレビ】2011年春~2015年3月末日


家に数台のテレビがあって地デジの準備を徐々に進めたいという方や、アナログテレビを使い続けたいという方は、『デジアナ変換サービス』の利用について調べておくといいかもしれません。

地デジ対応薄型テレビでアナログ放送を見ている人が多い

地デジ対応の薄型テレビを持っているのに、アナログ放送を見ている人が意外と多いそうです。どういうことかというと、アナログ放送を地上デジタル放送と勘違いして視聴し続けているということ。


私の知り合いでもいたのですが、家にお邪魔した際に『最新の薄型テレビを買ったんだよ。やっぱり地デジは映像がキレイだねぇ~』と言われ見てみると、画面右上に『アナログ』の文字が・・・。リモコンで地デジに切り替えて説明してあげると・・・恥ずかしがりながら笑ってました。


映像がキレイに見えたのは、以前使っていたブラウン管テレビより単純に画質の良い薄型テレビだったからのようです。


機械があまり得意ではなく、テレビ番組などをあまり見ない方だったので仕方ないと思いますが、最近、地デジ対応の薄型テレビを購入した方、ちゃんと地デジを見てますか?


画面右上に『アナログ』の文字や、画面下に『アナログ放送終了の注意』があれば、視聴しているのはアナログ放送です。取扱説明書を確認して地デジの設定をしましょう。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ