【液晶テレビの選び方】人気メーカー機能比較

液晶テレビやプラズマテレビの機能や性能の比較、口コミ、人気ランキングなど液晶テレビの選び方や購入に必要となる知識や情報を分かりやすくガイド
アクオス・レグザ・ブラビア・ビエラ・ウー・リアルなどの新製品、型落ち機種、便利な周辺機器の機能や選び方についてもご紹介

日立・ウー

日立・Wooo(ウー)S08シリーズ:エコ性能&S-LED搭載モデル

HITACHI・Wooo(ウー)から2011年11月にエコ性能を考慮したS-LED搭載の高画質モデル『S08シリーズ』が発売されています。画面サイズは46V型(L46-S08)のみ。地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビです。
S-LEDとは?


S08シリーズには、日立独自のS-LED技術を生かす『スリムブロックLEDパネル』が搭載されていて、映像の色表現で重要な黒色をきめ細かく再現します。映画がドラマなどでよくある暗いシーンでも黒浮きのしない見やすい映像を楽しむことが可能に。続きを読む

HITACHI・Wooo(日立・ウー)おすすめ番組機能とは?

HITACHI・Wooo(日立・ウー)は、液晶テレビとプラズマテレビの両方を発売していますが、その一部の機種に『おすすめ番組(番組自動推薦)』という機能が搭載させた薄型テレビがあります。


おすすめ番組(番組自動推薦)とは、自分が過去に録画した番組や録画予約した番組をもとに、テレビが自動的に好みの番組を探してくれる機能です。テレビ番組をよく視聴する方には、とても便利な機能だと思います。続きを読む

【2011年2月新製品】HITACHI:Wooo Hシリーズ(H07)

HITACHI・Wooo(ウー)のHシリーズからは2011年2月に4機種発売されます。
予定している発売日は下記の通りで全て液晶テレビです。Hシリーズ(H07)には37V型の『L37-H07』もありますが、こちらは3月上旬の発売予定。


■発売日
32V型(L32-H07):2月上旬発売予定
26V型(L26-H07):2月上旬発売予定
22V型(L22-H07):2月下旬発売予定
19V型(L19-H07):2月下旬発売予定


H07は、録画機能やアナログチューナーは搭載されていないものの、バックライトにはLEDを採用。また、内部センサーが設置環境に合わせた画質に自動調整してくれる『インテリジェント・オート高画質』なども搭載しており高画質にこだわったモデルです。


【 Hシリーズ(H07)の特徴】
・LEDバックライト搭載
・インテリジェント・オート高画質
・新Picuture Master2
・DLNA対応
・SDメモリーカード再生
・かんたんリモコン
・Wooonet(アクトビラ)対応


Hシリーズ(H07)にも、日立独自の機能『照明環境&エコ効果メーター』は付いているようです。


照明環境&エコ効果メーターとは、インテリジェントセンサーが液晶テレビの設置してある部屋の明るさや照明の色合いを検知し、自動的に画質を最適なものへと調整。その時の照明環境やエコ効果をメーターで確認できるというもの。この機能はユニークでいいですよね。


録画機能が欲しいという方は、同じく2月に発売されるHPシリーズ(H07)がおすすめ。
店舗や購入時期、画面サイズにもよりますが、Hシリーズのプラス1万~2万円くらいの価格です。



スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます♪
家電好きの管理人が書いている
液晶テレビの情報ブログです☆

薄型テレビを比較・購入する際の
参考になれば幸いです。

※当ブログの文章及び画像等の
無断転載・転用を固く禁じます。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ