東芝・REGZAが2012年1月に発売した42V型液晶テレビ『42ZT3』という機種があるのですが、発売から1年経過しだいぶ価格が落ちてきました。

この液晶テレビはタイムシフト機能が搭載されているので、見たいテレビ番組をよく見逃してしまう…なんて方におすすめです。

42ZT3のタイムシフトマシン機能


1.5TBの内臓ハードディスクが内臓されているので、地上デジタル放送を大量に一時保存することが可能。私あたりがよくやる「あっ、この番組、今日やってたんだ~」がなくなります。


タイムシフトできる番組数は最大で6チャンネル分。見るテレビ局って、だいたい決まってたりするのでこの数あれば足りますよね。一時保管できる時間は「約30時間」。一般家庭で使うなら十分な時間です。


レグザの液晶テレビは、タイムシフトマシンで保管したものを番組表の形で見ることができる「過去番組表」という機能があるので、見たいものを探すのも便利です。


気になる価格は発売当初180,000円ほどだったのですが、この記事を書いている時点での価格comの最安値は87,000円弱といったところです。特価セールなどによって更に安くなる可能性もあるので安売り情報は見逃さないように。