2011年2月にシャープの液晶テレビ・AQUOS(アクオス)F5シリーズから52V型・46V型が発売されましたが、F5シリーズは画面サイズによって性能に違いがあるので、購入する方は注意しましょう。


UV2A技術や薄型エッジタイプLEDバックライト、高画質のための機能である高画質アクティブコンディショナーやなめらか高画質を採用している点は、全画面サイズに共通していますが、テレビコントラストや倍速機能に違いがあります。
倍速機能については、60V型から40V型の機種は『AQUOS高画質Wクリア倍速』を搭載していますが、その他の画面サイズについては搭載されていません。


また、60V型から32V型の機種はテレビコントラストが『100万:1』ですが、20V型については『40万:1』となっています。コントラストとは、画面に表示される映像の最も暗い部分と最も明るい部分との明るさの比のことです。


液晶テレビは、画面サイズによって必要になってくる機能や性能が違うものなので、これらの違いが悪いというわけではありませんが、購入した後で『見落としていた』なんて後悔しないように事前に確認しておきましょう。