シャープ・AQUOS(アクオス)が2012年2月に発売した地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ・V7シリーズには『高画質マスターエンジンネオ』という映像エンジンが搭載されています。


高画質マスターエンジンネオとは、映像に合わせて画像を最適化してくれる機能で、従来のV5シリーズよりも画像処理が早く、映像の種類に応じて色合いやコントラストを自動的に調整してくれます。V5シリーズよりも高速伝達が1.33倍となったそうです。
アクオスのV7シリーズは、高画質や省エネ性能だけでなく、録画機能やネット機能などが充実しているので使い勝手が良くおすすめです。


他のアクオスの機種と比べると、比較的価格も抑えられていて、画面サイズも何種類か発売されています。


26V型(LC-26V7)あたりは、価格.comで最安値を見ると4万円台で購入できるようです。機能や性能面でのバランスが良いので、一人暮らしの方や2台目の液晶テレビを購入しようと思っている方には最適かもしれません。