業界初の機能としてシャープのAQUOS(アクオス)には、『長時間ハードディスク録画』に対応した液晶テレビが発売されています。現在の最新機種だと、V7シリーズ、K7シリーズ、H7シリーズが対応しています。


この長時間ハードディスク録画とは、バッファロー製の長時間録画ハードディスクに対応させたもので、ハードディスクがもつ容量以上の録画をすることが可能です。地上デジタル放送で3倍、BSデジタル放送で4倍もの長時間録画をすることができます。
長時間録画をすることで多少画質は落ちるらしいですが、別売りとなるハードディスクの数を減らすことができるので、よくテレビ番組を録画するという方には便利で経済的なおすすめの機能です。


2012年2月に発売されたAQUOS(アクオス)の液晶テレビV7シリーズは、販売されている画面サイズも豊富で、裏番組録画の可能。


ちなみK7シリーズとH7シリーズは地デジチューナーがひとつしか搭載されていないため、録画中は視聴番組を切り換えることができず、裏番組を録画することはできません。購入の際には注意しましょう。