SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)の3Dテレビは、『フレームシーケンシャル表示』という方式を使い3D映像を表示しています。この表示方式は、3D映像のフルHD化が可能ということで採用さいているメーカーが多いものです。


フレームシーケンシャル表示方式の他にも3D映像を表示する方法はありますが、解像度や視野角に優れているので、この方式による3Dテレビがおすすめです。
アクオスでは比較的発売日が新しい機種で下記の3機種を発売しています。
■X5シリーズ:メガブライトネス搭載機種
■L5シリーズ:高音質プレミアムモデル
■Z5シリーズ:節電機能ムーブセンサー搭載機種
※Z5シリーズのみ3D映像を視聴するために必要な3Dメガネが付属されていないので、購入の際には注意しましょう。3Dトランスミッターは内蔵されているようです。


ご紹介した3シリーズの3Dテレビは、いずれもハイビジョンビデオカメラやデジタルカメラなどで撮影した映像を手軽に3D映像に変換することができる3Dボタンが搭載されています。また、ハイビジョンムービーの映像も3Dに変換可能。


ちなみに映像の明るさを好みのものに切り換えることができる『3D明るさアップ』というボタンはZ5シリーズにしか付いていないので、そのあたりは注意を。