液晶テレビに3D対応などのゴチャゴチャした機能が不要だという方には、2012年2月に発売されたLED AQUOS(アクオス)V7シリーズがおすすめです。アクオス独自の4原色技術『クアトロン』などは採用されていませんが、高画質と省エネ性能には定評があります。


アクオス・V7シリーズは、46V型(LC-46V7)、40V型(LC-40V7)、32V型(LC-32V7)、26V型(LC-26V7)が発売されていて、46V型と40V型はブラックのみの発売ですが、32V型と26V型はブラック系とホワイト系の2色の液晶テレビが発売されています。
【LED AQUOS(アクオス)V7シリーズの主な機能・性能】
■薄型エッジタイプLEDバックライト
■高画質マスターエンジンネオ
高画質アクティブコンディショナー
AQUOS City(アクオスシティ)
■USB外付け長時間ハードディスク録画対応
■YouTube対応
見守りサービス
セーブモード
■DLNAプレイヤー(ホームネットワーク)


V7シリーズは、高画質や省エネ性能にこだわっただけの液晶テレビではなく、USB外付ハードディスク録画やYouTube、AQUOS City(アクオスシティ)に対応するなど、録画機能やネットワーク機能も充実しています。


発売してから日が経っていないので、あまり値下がりはしていませんが、この記事を書いている時点で、46V型(LC-46V7)を12万円台で発売しているネットショップも結構あったので、興味のある方は探してみてください。