液晶テレビAQUOS(アクオス)は、種類も画面サイズも豊富に販売されていますが、2011年8月に発売されたクアトロン3D・L5シリーズはなかなか好評のようです。このL5シリーズは、高画質と高音質にこだわったプレミアモデルの液晶テレビです。


バックライトに直下型LEDを採用し、アクオス最高峰のX5シリーズと同じように、高速応答液晶パネル『ハイスピードUV2A』&『240フレッドスキャン』搭載で高画質。音質も新DuoBassを含むARSSスピーカーシステムを搭載しています。
X5で採用されている『ネガブライトネス技術』は備わっていませんが、画面サイズと販売価格を考えるとアクオスで一番良い機種かもしれません。


【アクオスL5シリーズの主な機能・性能】
■4原色技術『クアトロン』
■高速応答液晶パネル『ハイスピードUV2A』
■高画質直下型LEDバックライト
■240フレッドスキャン
■THX2D・3Dディスプレイ規格認証取得
■AQUOS City対応
■無線LAN内臓
■2番組同時録画対応(地デジ3チューナー)
■USB外付けハードディスクW録画対応
■スマートファミリンク対応
■ARSSスピーカーシステム


発売されている画面サイズは、60V型(LC-60L5)、52V型(LC-52L5)、46V型(LC-46L5)、40V型(LC-40L5)の4種類です。X5シリーズは70V型のみなので、それ以下の機種で高画質・高音質を求めるならL5シリーズになると思います。