シャープ・AQUOS(アクオス)の液晶テレビには、『セーブモード』という機能が搭載されている機種が数多く発売されています。この機能は、省エネ・節電のためのもので、テレビの消費電力が気になるという方にはおすすめです。


セーブモードは、リモコンのボタンひとつで消費電力を抑えた映像に切り換えられるというもの(F5、F3シリーズは画面操作)。現在発売されているアクオスの液晶テレビでは下記の機種に搭載されています。
【セーブモードが搭載されているシリーズ】
■X5・L5・B5・F5・V5・V7・F3・E9・H7・K7


X5シリーズ(70V型)については、余分なバックライトをリモコンボタンひとつで消灯することができ、映像を40V型相当で表示することも可能。また、明るさセンサーや無操作電源オフ機能なども一括で有効にすることも可能です。V7・H7・K7シリーズでは、一日の累計視聴時間表示にも対応しているそうです。


70V型のテレビとはいえ、どの番組も大画面で視聴したいわけではないと思うので、映画やスポーツ観戦は70V型、その他の番組は40V型と使い分けられるのは電気代も抑えることができ便利ですよね。