パナソニックが2012年4月下旬に発売する新製品VIERA(ビエラ)最高画質モデル『VT5シリーズ』には、『フルブラックパネルⅢ』が搭載されます。


フルブラックパネルⅢとは、従来品よりも黒の深みや艶を高めた高精細、高画質を楽しめるプラズマパネルで、ネイティブコントラスト『550万:1以上』、フルHD動画解像スピード『1,700画素/秒』を実現しています。
画素ひとつひとつの発光量をコントロールし、早い動きの映像も含めたあらゆるシーンを滑らかに表現することが可能。また、『低反射ディープブラックフィルターⅢ』により、従来品であるVT3シリーズより明所コントラストを約1.3倍に向上させたということです。


ちなみにコントラストとは、最も明るい部分と最も暗い部分の輝度の差のことを言います。コントラストの差は、はっきりと映像に表れてくるので、高画質を求める方は必ずチェックする項目です。


それにしても、数年前に『フルブラックパネル』が登場したときは、映像の『黒』の表現力に驚かされましたが、このパネルも今や『Ⅲ』。どこまで進化していくのですかね。