薄型テレビを選ぶ際に5.1ch(チャンネル)という言葉を良く目にすると思います。
どういう意味の用語かご存知ですか?


5.1chとは、音声出力システムのひとつを表す用語です。
左右のフロントスピーカー、左右のリアスピーカー、そして正面のセンタースピーカーの5つのスピーカー5chと、低音のサブウーファーを組み合わせたものです。
サブウーファーは0.1chとカウントされるので合計して5.1chとなります。


音が視聴している人を包み込むような感じで再生されるので、映画やドラマ、スポーツなどを観るときの迫力や臨場感が増します。


テレビというと、どうしても画質に目がいってしまいがちですが、音質にもこだわりたいところですよね。


音声出力システムには、5.1chの他にも種類があります。家電販売店に行った際はそのあたりの表示に注意して、各機種を比較してみるのもいいかもしれませんね。