3Dテレビは見たいけど、テレビ番組を視聴するのに3メガネをかけるのが面倒と思っている方は多いそうです。たしかに家電販売店の3D体験コーナーで視聴する分にはいいですが、毎日となると面倒に感じるかもしれません。


現在、発売されている3Dテレビは東芝から2011年12月に発売された『グラスレス3Dレグザ』以外は全て3Dメガネを装着するという視聴スタイル。

3Dメガネをかけずに裸眼で3D映像を見られることに越したことはないですが、東芝のグラスレス3Dレグザも発展途上の段階。


少し前に、グラスレス3Dレグザを視聴してきましたが、たしかに裸眼でも3D映像は見られるものの画質的には3Dメガネを装着するタイプの方が優れている感じ。


裸眼で見られる3Dテレビは、聞いたところによると東芝以外の他のメーカーはあまり積極的に取り入れようとはしていないとか。


LEDバックライトが登場した時のように、各社が一斉に技術を競いあう環境が生まれれば3Dメガネなしの3Dテレビにも期待が持てますが今の段階では当分先の話になるかもしれませんね。