2011年3月にSONY・BRAVIA(ブラビア)からEX720Sシリーズが発売されます。
この新製品は基本的には同じ時期に発売されるEX720シリーズと同じですが、音響面を強化た地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビです。


なので、新高画質回路『X-Reality(エックスリアリティ)』や『USBハードディスク録画』『Track ID(トラックアイディー)』などのEX720シリーズで注目の機能は搭載されています。3D対応機種ですが、3Dメガネは別売りです。


【EX72Sシリーズの特徴】
・3D対応
・フルHD
・LEDバックライト搭載
・X-Reality
・倍速駆動『モーションフローXR240』
・Track ID
・人感センサー
・大迫力スピーカー
・S-Forceフロントサラウンド3D
・外付けハードディスク録画
・ブラビアネットチャンネル対応
・ソニールームリンク
・Felica(フェリカ)ポート搭載おき楽リモコン

【画面サイズと発売日予定日】
・46V型(KDL-46EX72S):2011年3月20日
・40V型(KDL-40EX72S):2011年3月20日
・32V型(KDL-32EX72S):2011年3月27日


EX720シリーズの音響面の強化に高音質のスピーカーが付属されています。
テレビに内蔵されている20Wのスピーカーに加え、本体の下部に40WのTVサラウンドバーを設置。パッシブラジエーター搭載で低域表現をカバー。


これにより薄型テレビで不足しがちな音質面を向上させ、ハイビジョン映像やゲームなどのコンテンツを大迫力で臨場感のある音質で楽しむことができる。


価格的にはEX720シリーズよりやや割高。
EX720シリーズと46V型、40V型、32V型の画面サイズで重なっているので、音質にこだわるならEX72Sシリーズがおすすめ。