SONY・BRAVIA(ブラビア)より2011年3月にEX720シリーズが発売されます。
今回の新製品はブラビアのスタンダードモデルに3D機能を搭載させた液晶テレビ。


32V型から3Dに対応しています。
上位機種のように4倍速ではないですが、倍速駆動とバックライト制御の技術を組み合わせることにより、4倍速と同じくらいの表示能力を実現させています。


【EX720シリーズの特徴】
・3D対応
・フルHD
・モーションフローXR240
・LEDバックライト
・人感センサー
・X-Reality
・ブラビアネットチャンネル対応
・Track ID
・外付けハードディスク録画
・狭額フレームデザイン

【画面サイズ】
・60V型(KDL-60EX720)
・55V型(KDL-55EX720)
・46V型(KDL-46EX720)
・40V型(KDL-40EX720)
・32V型(KDL-32EX720)


新開発の高画質回路『X-Reality(エックスリアリティー)』によって、従来より全体的に画質を向上。また、テレビやCMのうしろで流れている曲をリモコンボタンを押すだけで曲名などを検索できる『Track ID(トラックアイディー)』や、ブラビアネットチャンネルに対応させることでネット機能も向上させています。


USBハードディスク録画にも対応しているで使い勝手が広がります。
残念なのはチューナーを一基しか搭載させていないそうです。スタンダードモデルということでコスト的に仕方がないのかもしれませんが、これでは録画中に他の番組を視聴することができない。


ちなみにEX720シリーズの発売日は60V型(KDL-60EX720)のみ4月17日、他の画面サイズは3月13日の発売予定です。